まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
金子哲也

カラー畳で演出する空間づくりのプロ

金子哲也(かねこてつや)

有限会社カネコプランニング/カネコ畳工房

お電話での
お問い合わせ
0545-53-5266

コラム

秋は、い草の畳が心地いい

畳に関する話

2017年10月17日

朝晩が肌寒く感じるこの季節。
「い草」の畳をご検討いただく方には最適な季節となってきました。
なぜこの時期がオススメなのか?気になる方も多いと思います。
皆様からのご要望から感じ取ったことと合わせ、オススメの理由をご説明させていただきます。

① 気温が最適

まず、暑くもなく寒くもない。これが大変良い条件です。
畳の交換の際、交換方法は3種類あります。
その中でも、表替えと裏返しと呼ばれる交換方法は、畳をお客様のお家からお預かりさせていただく事になります。
つまり、畳がないので畳の下の部分(床)がむき出しです。
冬は、なんだか寒さが上がってきそうで心配になりますよね。

そしてこれは余談ですが、せっかくなのでお部屋の換気をしていただきたいのです。
畳の下なんて、めったに換気できませんからね。

② 日照時間が短くなってきている

「い草」畳はその名の通り、天然の「い草」を使用しています。
このため、日焼けしてしまうものです。
長く、きれいな緑色を楽しむためには、日焼けさせないことが肝心となります。
このため、日照時間の減ってくるこの季節は、長く畳の青々しい色を楽しむのにも最適だと言えるのです。

③ 湿気が少ない

新しい「い草」の畳は、夏にカビが発生してしまうリスクが高いです。
これは「い草」が元気すぎるために、過剰に湿気を吸収してしまうことが原因です。(大体1~2年目)
しっかり湿度を下げれればいいのですが、なかなか難しいのが夏ですよね…。
と、いうのもあって、湿気が低い時期の交換をオススメしています。
植物の性質か、湿度が低くなると、逆に湿気を吐き出してくれるのです。
これによる冬場の乾燥対策と、翌年の過剰な湿気の取り込みを軽減する利点が生まれます。

④ 予約が取りやすい時期

店舗や地域性にもよりますが、大体の畳屋さんはまだ余裕がある時期です。
まだ、という点に引っかかると思いますが、そうです。年末にかけてどんどん予約が埋まっていきます。
畳屋さんによっては、年末に近くなるほど予約が締め切られてしまう可能性・年内は難しいと断られてしまう可能性も出てきます。(11月後半からは危険です)
年内の施工をお考えの方は、お早めのご連絡をオススメしています。






秋は、新しい「い草」の畳を心配なく存分に楽しむのに最適な季節です。
「い草」をご検討中のお客様は、秋の交換を是非ご検討ください。
オススメのい草 -カネコ畳工房-

お問い合わせ・HPなど

■有限会社 カネコプランニング / カネコ畳工房
■417-0061 静岡県富士市伝法1019
■TEL 0545-32-7093
■8:00~18:00(日曜、祭日休業)
http://kaneko-tatami.com/

■店舗・オフィス・住宅空間プロデュース http://www.kaneko-ds.com
■内装・外装リフォーム(壁紙・クロス・床の張り替え、水周り、塗装、屋根) http://kaiteki-r.com

この記事を書いたプロ

金子哲也

金子哲也(かねこてつや)

金子哲也プロのその他のコンテンツ

Share

金子哲也プロのその他のコンテンツ