まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
松下純子

キャリアコンサルティングのプロ

松下純子(まつしたじゅんこ)

プレゼンス

コラム

セルフキャリアドッグの中で見える経営者の姿勢

私がセルフキャリアドッグのキャリア面談をご依頼頂いた場合

従業員の方への面談の前に

経営者、或いは上司の方にヒアリングシートの記入を

お願いしています。

制度として決まっているものではなく、少しでも意味のある面談に

するために、私が行っているものですが、対応は、幾つかに分かれます。

1、記入をして頂けない
2、厳しい要求だけを書かれる
3、良い点と期待をたくさん書いて下さる


この時点で、何となくその会社、組織の様子が想像できます。

私は、経営者と働く人の間の信頼が増して

より良い関係となるように経営者視点でのアドバイスをすることを心掛けますが

1のパターンの場合は、従業員の方に寄り添うことが多くなります。

従業員に成長して欲しい、もっと活躍して欲しいと思えば

未記入なんてあり得ないと、思うからです。

実際、そのような職場(少ないですが)では、スタッフのモチベーションは低く

勿体ないな~と思うことが多いです。

こういった場合は、その方が、より充実した職業人生を歩むために何をしますか?

と、キャリア面談を進めて意欲喚起を促すようにしています。

2の場合は、面談を進めながら経営者の意図を探り

従業員の方がポジティブに取り組めるように関わります。


3の場合は、私自身が面談を楽しみにして伺いますが( *´艸`)

経営者の温かい想いをお伝えするとともに

従業員の方の感謝の気持ちもお聞きして、

これからの働き方、成長について目標を設定して頂きます。

その企業さんを応援したくなる、そんな時間です^^


経営者の在り方は、そのまま社内に出るからこそ

社員に成長を求めるのであれば、まず経営者が方向を指し示し

自らの背中で語って頂きたいな、と思うのでした。

お問合せ先

お電話 080 2642 4702 
e-mail info@jj-presence.com
(セミナー中等で出られない場合、折り返し致しますのでメッセージをお願い致します)
担当 松下まで
プレゼンスHP 人事、経営者向け
アメブロ 働く女性向け

この記事を書いたプロ

松下純子

松下純子(まつしたじゅんこ)

松下純子プロのその他のコンテンツ

Share

松下純子プロのその他のコンテンツ