まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
岩堀良弘

アフターまで安心して頼れる太陽光発電のプロ

岩堀良弘(いわほりよしひろ)

発電マン・ベリーズ株式会社

お電話での
お問い合わせ
054-273-2828

コラム

蓄電池の基礎知識 15 非常時の備えとして

蓄電池のススメ

2018年10月16日 / 2018年10月31日更新

皆さんこんにちは。
島田市、掛川市、磐田市で蓄電池なら発電マン・ベリーズにおまかせ!
発電マン・ベリーズの岩堀です。

今回のテーマは『非常時の備えとして』です。

先日の台風24号では静岡県内で70万件という過去に例を見ない規模の停電がありました。
その際、太陽光発電を設置している多くの方が自立運転にして太陽光発電を活用されたことと思います。

ところが昼間はいいとしても太陽のない夜間は本当に困りました。
冷蔵庫は動かない、テレビも映らない、そして何と言っても照明がつかない・・・
全くの暗闇の中で明かりが無いと何もできないということを身に染みて感じたのではないでしょうか。

また、電気がないと実はガスの給湯器も使えなかったり、トイレの水も出なかったり、あらゆるものが
電気で動いているということを今回の停電はまざまざと見せつけてくれました。

これまでは太陽光発電があれば災害時も安心だと、思っていた方が多いのではないでしょうか?
ところが実際には太陽光だけではあまり役に立たなかったのが現実です。

また仮に昼間でも太陽光発電は、雨や曇りの日では太陽光が弱まってしまい、発電量が落ちてしまいます。

そんな災害時でも使えるのが蓄電池です。

実は今回の台風の2日前に弊社で蓄電池を購入された方が掛川市にいらっしゃいます。

台風の時には周辺が停電したにもかかわらず自宅は蓄電池のおかげで助かったと大変喜んでおられました。
以下のコメントは掛川市の羽田様からいただいたハガキのコメントです。

『台風24号襲来直前の蓄電池取り付け工事をしていただいて、「蓄電池の導入の決断をして“本当に”良かった」という思いを強く強くしております。毎日「エネパワボL」のモニター画面を見て楽しんでいます。もごもタッチ画面を見ては話題にしています。「安心・安全」を実感させてくれた「エネパワボL」電気料金への繁栄は来月のお楽しみです。』


羽田様ハガキ

このように、蓄電池があれば、停電時でも昼間太陽光で溜めた電気を夜使うことができるので、もし停電が長期にわたる場合でも最低限の生活を維持することができるのです。


島田市、掛川市、磐田市で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は発電マン・ベリーズまで、お気軽にどうぞ!

この記事を書いたプロ

岩堀良弘

岩堀良弘(いわほりよしひろ)

岩堀良弘プロのその他のコンテンツ

Share

岩堀良弘のソーシャルメディア

facebook
Facebook

岩堀良弘プロのその他のコンテンツ