まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
岩堀良弘

アフターまで安心して頼れる太陽光発電のプロ

岩堀良弘(いわほりよしひろ)

発電マン・ベリーズ株式会社

お電話での
お問い合わせ
054-273-2828

コラム

パネルの角度が変わるとなぜこれほどの発電が稼げるのか(Ⅰ)

スマートライフ様上空から撮影

パネルの角度が変わるとなぜこれほどの発電が稼げるのか(Ⅰ)



弊社では数年前から営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)においてソラカルシステム(パネル回転式)を採用している。
通常太陽電池パネルは架台に固定しておくものだが、ソラカルシステムでは太陽電池パネルの角度が変わるように設計されている。
パネルの角度が変わるというと太陽光発電の世界では「追尾型」と言われるものがあるが、ソラカルシステムは追尾型ではない。もっとシンプルなものだ。
追尾型は太陽の位置に合わせてパネルの角度が変化する。すなわち朝から夕方にかけて太陽を追いかけるように角度が変化するわけだ。
そのために電動モーターを装備し、当然電力も消費する。機器が複雑になり当然ながら故障も多くなる。

ソラカルシステムはそのような複雑なシステムは使わない。モーターも使用しない。
その代わりに年に何回か(通常季節ごとつまり年4回程度)人の手でパネルの角度を変えてあげる。
実にアナログチックではある。

しかしながらたったこれだけのアナログシステムが驚くほどの効果があることが最近分かってきた。

この記事を書いたプロ

岩堀良弘

岩堀良弘(いわほりよしひろ)

岩堀良弘プロのその他のコンテンツ

Share

岩堀良弘のソーシャルメディア

facebook
Facebook

岩堀良弘プロのその他のコンテンツ