マイベストプロ静岡
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ静岡
  3. 静岡のスクール・習い事
  4. 静岡の音楽教室・レッスン
  5. はせみきた
  6. コラム一覧
  7. 体育館に、子どもの心に、和太鼓が鳴り響く!コロナ禍での『学校公演』
はせみきた

魅せる・伝える・育てる! 和太鼓のプロ

はせみきた(はせみきた)

GRANBEATS(グランビーツ)

コラム

体育館に、子どもの心に、和太鼓が鳴り響く!コロナ禍での『学校公演』

2020年12月11日 公開 / 2021年9月3日更新

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

 早いもので、2020年ももう師走。
 自国開催のオリンピックイヤーとして大いに盛り上がるはずの一年が、コロナウイルスの脅威に怯えながら、社会全体があらゆる面で規制を設け、自粛をし、試行錯誤を繰り返した一年となりました。
 数年後に「あの時の経験が新しい一歩に繋がった」と笑って話せる日が来ることを信じて、これまでにないこの厳しい日常を前向きに、アグレッシプに過ごしていきたいものです。

 さてそんなわけで、いわゆる聴衆と「対面」での演奏の機会というものが極端に少なかった一年ではありますが、先日、縁あって地元沼津市のさる小学校の4年生を対象に『芸術鑑賞会』を開催していただきました。
 「学校公演」は、太鼓奏者として食っていこうと腹を決めるまで教員を目指していた自分にとっては[ライフワーク]の一つとして位置付けています。学校によって規模・予算はそれぞれですが、未来の観客・未来の愛好家・そして未来の打ち手たちに、自分が身につけ培ってきた「本物」の音・技・知識を伝えられる絶好かつ貴重な機会と捉え、演奏はもちろん、太鼓という楽器の歴史や特色、自分が目指す創作の方向性などの話も交えながら、毎回真剣勝負で臨んでいます。
 今回お邪魔した学校の4年生は、私のオリジナル楽曲『興郷楽』を教材にして実践的に太鼓に取り組んでくれていました。7〜8基の太鼓を揃え音楽室の椅子としてカホンを使用しているという大変珍しい公立の小学校でした。
 授業で太鼓に取り組んでいることもあり、演奏への食いつきも良く、割と難しめのお話も興味を持って聞いてくれていた様子でした。そして子ども達の『興郷楽』、素晴らしかった。オリジナルの演出も加えて、曲を自分たちのものにしてくれているのがとても嬉しかった。先月の『海っ端Live』の時も感じたことですが、これまでに増して生の演奏・生の音に触れる機会が稀になった分、今まで以上に舞台と客席の「物質的距離」は離れたものの、演者と聴衆お互いの気持ちによって形成される「心の距離」がぐっと近まっているように感じます。あっという間の70分でした。

 コロナ禍での芸術鑑賞会、呼んでくださった学校、制作にあたってくれた業者、そして演者、3者の理解・努力・協力あっての実現だったと思います。共にこの公演に向け心血を注いでくれた皆様に、心から御礼申し上げます。

(学校公演に関するご依頼・お問い合わせは随時受け付けております。公式HPまでお気軽にご相談ください)





この記事を書いたプロ

はせみきた

魅せる・伝える・育てる! 和太鼓のプロ

はせみきた(GRANBEATS(グランビーツ))

Share