まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
深尾健太郎

身近に相談できる税務のプロ

深尾健太郎(ふかおけんたろう)

深尾健太郎税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
054-255-1288

コラム

H24年分住民税

税金お役立ち情報

2012年7月6日

皆様のお手元に、住民税の納税通知書が届いている頃。
今年は、”何か住民税が高い!!”というお声を良く聞きます。

そもそも住民税は、前年(今年であればH23年分)の所得に対して課税され、
給与天引きであれば翌年の6月から5月までの給与から徴収されます。

H24年は住民税にも下記のような税制改正があり、
増税となっています

●年少扶養控除(扶養親族のうち、年齢16歳未満のものをいう。)
に対する扶養控除が廃止。

●特定扶養親族(16歳以上23歳未満)のうち、年齢16歳以上
19歳未満の者に対する扶養控除の上乗せ部分(12万円)が廃止され、
扶養控除の額が33万円とされました。

また、サラリーマンであれば毎月の給与から源泉所得税が天引き
されていきますが、住民税はこのように”タイムラグ”があるので
忘れた頃にやってきて、えっ・・・・ということもしばしば。

前年の所得に対する課税なので、仮に今年に収入がなくても
支払わねばならず、例えば、いきなり戦力外通告を受けた
プロ野球選手なんか、支払いに困っ~てしまうという良い例です。


年間の納税予定をたてて、しっかりとタックスコントロールしたいですね!

納税用の貯蓄をしておくのもオススメですよ

この記事を書いたプロ

深尾健太郎

深尾健太郎(ふかおけんたろう)

深尾健太郎プロのその他のコンテンツ

Share

深尾健太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-255-1288

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深尾健太郎

深尾健太郎税理士事務所

担当深尾健太郎(ふかおけんたろう)

地図・アクセス

深尾健太郎のソーシャルメディア

rss
アメブロ
2016-05-02

深尾健太郎のソーシャルメディア

rss
アメブロ
2016-05-02

深尾健太郎プロのその他のコンテンツ