まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
高橋由典

地元磐田の屋内・屋外の住宅リフォームのプロ

高橋由典(たかはしよしのり)

デザインスタジオ株式会社

高橋由典プロのコラム一覧:お役立ち情報

大きな地震が来たときに冷静に電気のブレーカーを落とす余裕があるでしょうか?阪神淡路大震災や東日本大震災で発生した火災原因の6割は「電気器具の転倒」や「停電後の電気復旧時に発生した電気火災」とも言われています。そのような火災原因に対して有効なのが「感震ブレーカー」...

タンクが無いトイレは見た目がスッキリしていて人気もあります。お掃除もタンクが無いため手が回りやすく簡単です。お掃除に使う洗剤としてオススメなのは・・・。中性洗剤のものになります。理由としては強力な汚れを落とすのは酸性タイプのものがあったりしますが、強力...

2018年度の予算で家庭用蓄電池を設置される場合に一定の条件が満たされていれば補助金がでます。これは平成31年度から固定価格買取制度の買取期間が終了する住宅用太陽光発電が約200万KWあると言われているため、その対策のひとつでもあります。条件としは住宅用太...

花粉症対策の基本は、「花粉を体内に取り込まないこと」。メガネやマスク・ゴーグルの装着はよく聞かれることです。また、外出から戻ったときは、外玄関で衣服についた花粉をはらう、花粉を落としやすい・付着しにくい衣類を着る、鼻うがいで鼻の粘膜についた花粉を落とすということも...

寒い時には、温かいお風呂でゆっくりしたいもの。ですが、寒い時期に気をつけたいのが、水道管や給湯器の凍結防止です。◆凍る場所大きく分けると4つの配管が凍結することが予想されます。①水道配管部分 ②給湯器本体配管部分 ③追い焚き配管部分 ④給湯配管部分とありますが、外気に...

昨今では、忙しい独身者や共働き夫婦の家事の外部発注が盛んだとか。家事にかける時間を割り切ってやってもらうことで、家族と過ごす時間や趣味に当てるようです。一般の家庭で家事を外注・・・・時代は常に変わっていくものですね。さて、人が、一日に出来る意思決定の数は決まって...

 地元磐田の住まいの相談窓口 磐田市を中心に住まいのリフォームを気軽に相談できる会社 デザインスタジオです。雨の日が続くと換気もなかなか出来ず洗濯物も部屋干しになり家の中がジメジメした経験はありませんか?そんなお悩みを少しでも解消できるリフォームがあります...

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」という言葉を聞かれたことはありますか?普段のニュースからは聞かれないと思いますのでご存じない方の方が多いと思います。こちらは国の政策として「中古住宅の流通やリフォーム市場の活性化」を目的としています。もう少し具体的に内容...

最近は猫ブームでテレビでもよく特集が組まれていることが多いですね。芸能人の方でも家の中で飼われていて「ウチでも飼えないかなぁ」と思われた方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。そこで家の中で飼われることを検討される時にご参考にしていただきたいのがこち...

お家の中で焼肉をするといつまでも匂いが籠もるのが困りモノですね。レンジフードメーカーの富士工業さんでいいモノを見つけました。新しいライフスタイルを提案するブランド「innoinno(イーノイーノ)」の商品まずは照明と換気が一体となった「換気ライト」ペンダントタイ...

そろそろ蚊の気になる季節になりますね。去年はデング熱騒動で大変でしたが、今年はお家の蚊対策、網戸の張り替えは大丈夫でしょうか?昔はグレーの網が主流でしたが、最近は黒が増えています.。お家の中から外を見たときに鮮明に見えるし、個人的には眩しさも軽減するような気がしてお...

「天井裏にコウモリが入ってしまい困っているので何とかなりませんか?」とご相談をいただきました。屋根裏を調査したところ侵入した形跡がありました。断熱材もあるし快適なんでしょうが、お客様にとっては困ったものです。対策としてコウモリが出払った頃を見計らって侵入元と...

外国人の方たちに日本の電化製品が人気がありニュースでもたくさんの商品を購入される光景を目にしますね!中国の方たちの爆買いに、里帰りのお土産にして現地で四苦八苦して取付けする職人さんの様子や初体験した家族の驚きの表情でテレビ番組が出来るほど。外国には便器の脇にスプレ...

台所水栓の取替えをさせていただいたお宅です「蛇口と壁のタイルの隙間から蟻が出てくるので・・」と隙間にテープを貼ってらっしゃいました水栓取替えの際、タイルと配管の隙間にコーキング材を充填して隙間を完全封鎖!これで安心して使っていただけます少し会話をさせて...

時々お客様から「床がぶかぶかするんだけど。。。」とシロアリ被害や床下の木組みの腐食を心配されるご相談をいただくことがあります。通常床板の下には45cm間隔で床板を支える木が通っていますので、その間隔で床が下がらないのであれば床板の問題だと考えてよいかと思います。集成のフロ...

高橋由典プロのその他のコンテンツ

Share

高橋由典プロのその他のコンテンツ