マイベストプロ静岡
濱田祐平

より良い日々・暮らしを創造する住宅塗装のプロ

濱田祐平(はまだゆうへい)

株式会社H2リフォーム

お電話での
お問い合わせ
0120-812-394

コラム

軒天の下地補修&塗装(駿河区M様邸)

2019年3月30日

テーマ:現場ブログ

静岡市駿河区M様邸にて軒天の下地補修と塗装作業を行いました。

軒天 下地補修前

こちらの写真が高圧洗浄後の軒天写真です。
軒天下地の劣化が激しく、素地が完全に出てしまっている状態です。

この状態に通常の2回塗りをしても、耐久性の問題や仕上がりに影響(凹凸がかなり目立つ)がある為、その前に下地の補修・補強をする事にしました。

軒天 下地補修(目荒らし)

まずは、目荒らし(鉄部のケレンと同意語)を行ないます。
高圧洗浄では取り切れなかった旧塗膜等をキレイに取り除きます。
取れかかった表面に塗装をしても直ぐに剥がれてしまうので、入念に除去する必要があります。

軒天 下地補修(シーラー 1回目)

次に下地に対してシーラーを塗布します。
次の工程でパテ(下地の穴やくぼみを埋めて表面を平らにする材料)補強を致しますが、そのパテは下地に直接塗っても密着性が低いのです。
従って、パテ材と下地の密着性を高める為、事前にこれを塗ります。

軒天 下地補修(パテ処理)

そしてパテ材を下地に塗っていきます。
この作業を行なう事で、凹凸を埋める事ができ(※完全に無くす事はできません)、仕上がり後の凹凸を目立たなく見せる事が可能ですし、下地の補強という役割も果たされます。

軒天 下地補修(シーラー 2回目)

パテ材に上塗り塗料を塗布しても密着性に難があるので、最後にもう一度パテ材の上にシーラーを重ね塗りします。
これで、下地補修は完了となりますが、施工前と比べ、だいぶ補修がされたかと思います。

軒天 1回目塗装

軒天 2回目塗装
                         
軒天 完了

施工前にあった旧塗膜の剥がれなどの凹凸も目立たなくなり、見違える程キレイな仕上がりになりました。

私達H2リフォームでは通常、軒天塗装は"上塗り2回塗り"を標準にしております。
さらに今回は、仕上がり後の見た目と耐久性を考慮し、下地処理を致しました。

通常の塗装前に、補修として4工程の作業(目荒らし→シーラー→パテ→シーラー)を追加したのですが、この工程を行なうかどうかは、塗替えの目的である『美観』と『保護』において、大いに影響してくるはずです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
戸建て住宅・アパートなど、お住いの塗装に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。
塗装の事なら何でも構いません。
静岡県中部で外壁・屋根塗装は「職人直営店」㈱H2リフォームにお任せ下さい。

株式会社H2リフォーム
□本社
静岡市駿河区北丸子2-37-13
□事務所
静岡市駿河区みずほ2-12-1
TEL:0120-812-394  FAX:054-269-5648
E-mail: info@betterdays-paint.com
HP:http://www.betterdays-paint.com

この記事を書いたプロ

濱田祐平

より良い日々・暮らしを創造する住宅塗装のプロ

濱田祐平(株式会社H2リフォーム)

Share
関連するコラム

濱田祐平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-812-394

 

お見積り・ご相談は無料です。
また、お家の無料診断も承ります。
しつこい営業は一切致しませんので、お気軽にお問合せ下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

濱田祐平

株式会社H2リフォーム

担当濱田祐平(はまだゆうへい)

地図・アクセス

濱田祐平のソーシャルメディア

facebook
Facebook