まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
濱田祐平

より良い日々、暮らしを創造するプロ

濱田祐平(はまだゆうへい)

株式会社H2リフォーム

お電話での
お問い合わせ
0120-812-394

コラム

樋・鉄部・雨戸塗装(駿河区M様邸)

現場ブログ

2018年7月16日 / 2018年8月7日更新

鉄部・竪樋などの塗装作業

施工前



施工後



施工内容:手すり・鉄柱・竪樋・雨戸(戸袋含む)の塗装作業

担当者から一言

静岡市駿河区M様邸の樋・鉄部・雨戸塗装作業を行いました。
既に外壁の塗装は終了しておりますので、まだ残っている竪樋(たてどい)と鉄部(鉄柱や手すり)、そして雨戸(戸袋含む)の作業を実施致しました。

まず、竪樋からですが、新築以降メンテナンスをしていない為、錆・汚れ・退色などの劣化症状が多数あります。
それが施工後の写真を見ると、施工前にあった錆や退色などがなくなり、キレイな仕上がりになりました。
塗装による住宅リフォームというと、屋根や外壁の事が思い浮かび、"雨樋(あまどい)"は馴染みが薄いかもしれません。
しかしこの雨樋は、『屋根などに降った雨水を建物に侵入させずに、適切に地上へ排水する』機能があります。
弊社は、雨漏りのご相談を頂く事もありますが、その原因がこの雨樋にあるという事もあるのです。
従って、雨樋に劣化や不具合が生じるとお家に悪影響を及ぼす可能性がある為、ちゃんと塗装などでメンテナンスをする必要があります。

次に鉄部(手すり)の作業です。
沿岸部に近い立地条件もあり、旧塗膜も完全に剥がれ、錆の症状が激しく出ている状態です。
お施主様も、『この部分の錆が非常に気になるので、何とかしたい』と仰っていました。
工程としては、鉄部の下地調整であるケレン(錆を落とし、表面にあえて傷を付けて塗料の密着性を良くする事)や錆止め(鉄部に塗る下塗り材)を行い、上塗り材を塗布致しました。
確かに錆が激しかったのですが、幸い腐食による穴などが無かった為、塗装によるメンテナンスで済みました。
鉄部は、屋根や外壁と比べ劣化の進行が速い為、注意が必要です。

最後は雨戸ですが、施工前には退色やチョーキング(手に白い粉のようなものが付く劣化現象)が見受けられましたが、それが塗装後には、ご覧の通り一目瞭然の仕上がりです。
勿論、上記の手すり同様に鉄部の下地調整(ケレン+錆止め)の工程を行っております。

また弊社では、樋や破風・雨戸などのすべての役物は、上塗りを2回行います。
勿論1回でも綺麗になりますが、艶や耐久性が違います。
上記写真も2回塗ってきれいに艶が出ているのですが、これが1回塗りだとここまでの艶が出ません。
尚、役物が鉄製もしくは木製で劣化している場合は、下塗りを塗装致します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
お住いの塗装に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。
塗装の事なら何でも構いません。
静岡県中部で外壁・屋根塗装は「職人直営店」㈱H2リフォームにお任せ下さい。

株式会社H2リフォーム
□本社
静岡市駿河区北丸子2-37-13
□ショールーム
静岡市駿河区みずほ2-12-1(ショールーム)
TEL:0120-812-394  FAX:054-269-5648
E-mail: info@betterdays-paint.com
HP:http://www.betterdays-paint.com

この記事を書いたプロ

濱田祐平

濱田祐平(はまだゆうへい)

濱田祐平プロのその他のコンテンツ

Share

濱田祐平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-812-394

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

濱田祐平

株式会社H2リフォーム

担当濱田祐平(はまだゆうへい)

地図・アクセス

濱田祐平のソーシャルメディア

facebook
facebook

濱田祐平プロのその他のコンテンツ