まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
濱田祐平

より良い日々、暮らしを創造するプロ

濱田祐平(はまだゆうへい)

株式会社H2リフォーム

お電話での
お問い合わせ
0120-812-394

コラム

外壁の下塗り①(駿河区M様邸)

現場ブログ

2018年7月7日 / 2018年8月7日更新

2F外壁の下塗り作業

施工前

施工中

施工後

施工内容:下塗り作業

担当者から一言

静岡市駿河区M様邸にて外壁の下塗り作業を行いました。

今回のお家は、1Fと2Fの外壁材が異なります。
1Fは、金属系サイディング部分・トタン部分・木部部分の計3種類です。
2Fは、モルタル仕上げになっています。

従って、各階毎に下塗り材・上塗り材共に異なる塗料を使用します。
まずは、2F外壁の塗替えの様子を見てみます。

高圧洗浄をする前は、かなりチョーキング(手に白い粉のようなものが付く劣化現象)が進行しており、壁を触ると手が真っ白になってしまいました。
また、所々にクラック(ひび割れ)が発生していた為、塗装前に一度補修を行っております。
従って今回は、下塗り材に『微弾性フィラー』を使用致しました。
この下塗り材を使用する事で、クラックを埋める効果と再びクラックを発生させ難くする効果の両方が期待できます。

施工後の写真をご覧ください。
施工前と同じ面を撮影しましが、クラックも埋まりキレイな仕上がりとなりました。

今回2F外壁の一番の課題は、やはりクラック(ひび割れ)でした。
この症状を何とかしないと、そこから雨などの水分が外壁の内部に侵入し、外壁材自体を痛めてしまう可能性があります。
塗膜は、外部からの劣化要因(雨や紫外線など)に対して効果を発揮しますが、内部に入り込んでしまった要因(水分など)に対しては、何の効果も発揮できません。

そして、塗装で対処できない場合(補修や交換など)は、さらに費用が掛かってしまいます。
従って、何かの劣化症状(チョーキングやクラックが分かりやすいです)が見られた時は、一度専門の会社様にご相談される事をお勧め致します。

※尚、1F外壁の下塗り作業の様子は、改めてアップ致します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
お住いの塗装に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。
塗装の事なら何でも構いません。
静岡県中部で外壁・屋根塗装は「職人直営店」㈱H2リフォームにお任せ下さい。

株式会社H2リフォーム
□本社
静岡市駿河区北丸子2-37-13
□ショールーム
静岡市駿河区みずほ2-12-1(ショールーム)
TEL:0120-812-394  FAX:054-269-5648
E-mail: info@betterdays-paint.com
HP:http://www.betterdays-paint.com

この記事を書いたプロ

濱田祐平

濱田祐平(はまだゆうへい)

濱田祐平プロのその他のコンテンツ

Share

濱田祐平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-812-394

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

濱田祐平

株式会社H2リフォーム

担当濱田祐平(はまだゆうへい)

地図・アクセス

濱田祐平のソーシャルメディア

facebook
Facebook

濱田祐平のソーシャルメディア

facebook
Facebook

濱田祐平プロのその他のコンテンツ