まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
小林裕市

住宅ローンをはじめ金融面でサポートする実務派FP

小林裕市(こばやしゆういち)

株式会社アクトFPオフィス

コラム

「損しないための住宅ローン」…3つのポイント

住宅ローン

2013年12月19日 / 2017年3月18日更新

 数年前から「得する住宅ローン」「○○○万円得する住宅ローン」…などと誇大広告ならぬこうしたテーマでセミナーを開催したり、コラムを書いたりしているFPがいますが、この世の中に「得する住宅ローン」はありません。実は私も、以前、とあるハウスメーカーからこのような演題でセミナーの講師依頼がありましたが…もちろん、丁重にお断りしました…しかし、損をできるだけ回避する方法はあります。そこで今回は「損しないための住宅ローン」の基本中の基本のポイントについてお話したいと思います。

○金利情報を把握する!
 ローン金利はご存知のように金融機関によって差があります。基本的なことですが、なかなかできていない方も多いのではないでしょうか。金融業界の動向をみますと、金利が高くても住宅ローン残高が伸びている金融機関は数多くあります。なぜ、この金利で借りるのですか?あるいはよくこの金利で貸しますね?というような「住宅ローン商品」はまだまだあります。30年前でしたら、各金融機関の住宅ローン金利は横並びでまったくと言っていいほど、差がありませんでしたが、今は違います。金利情報もWEBで容易に取得することができます。気を付けなければいけないのはキャンペーン金利と店頭金利の二枚舌ならぬ、金利表示ですね。新規あるいは借り換えをお考えの方はキャンペーン金利を見てくださいね。まずはメガバンクとネットバンクの情報を確認するのがいわゆる世間相場が把握できますので、有効な手段だと思います。

○保証料と実行手数料をしっかりと確認する
 最近では保証料(*1)が必要ない金融機関が増えてきています。特にネットバンクの大半は保証料免除、それ以外の金融機関の多くは残念ながら、保証料が必要になります。そこでひとつボヤキます…30年以上前になりますが、私が銀行に入行した当時は審査の結果、回収に懸念がありそうな方だけに保証付ローンとして、保証料を支払ってもらうのが一般的でしたが、現在ではほぼ全員の方に保証料を要求しています…なぜかはここでは触れませんが…そして、実行手数料ですね。この手数料ですが、一般的にはローン金額の2.1%程度でしょうか?こうした高額な手数料は主にネットバンクということになります。保証料と実行手数料を一括で支払うとほぼ同程度の金額となるのが一般的ですが、繰り上げ返済をされた時には差が出ますので注意を要します。何れにしてもこうした費用も決して無駄にはできませんので、業界動向をしっかりと把握したいですね。
*1:保証料:借りた方が何らかの理由で返せなくなった場合に本人の代わりに金融機関に返済してくれる保証会社に支払う料金…有料の保証人ということですね。この場合、銀行の代わりに保証会社から返済を責められます。ローン返済が免除されるわけではありません。

○金融・経済情勢を把握すること
 普段、新聞、TVなどの経済情報はしっかりと把握したいですね。なかなか将来の金融情勢などは予測できませんが、金利タイプ(固定?変動?)を選択する時には「ライフプラン」と並んで重要なポイントになりますね。少し乱暴かもしれませんが、金融機関の営業マンが勧めるタイプの逆を選択すれば、間違いは少ないのでないでしょうか?


 どうでしたか、難しいことではないと思いますので、これから住宅ローンをお考えの方、あるいは借り換えをご検討の方はぜひとも実践してみてください。とにかく、この世の中「得する話」はありません!如何に「損」を減らすかを真剣に考えてみてはいかがでしょうか?その他、細かい注意点はありますので、必要であれば、金融商品に詳しそうなFPに相談をするのも良いでしょう…

この記事を書いたプロ

小林裕市

小林裕市(こばやしゆういち)

小林裕市プロのその他のコンテンツ

Share

小林裕市プロのその他のコンテンツ