まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
小林裕市

住宅ローンをはじめ金融面でサポートする実務派FP

小林裕市(こばやしゆういち)

株式会社アクトFPオフィス

コラム

来月、住宅ローン金利引き下げへ…さらに見逃せない金利外競争

住宅ローン

2013年8月30日 / 2013年9月3日更新

 このところ、メガバンクなどが相次いで来月の固定金利型住宅ローンの金利引き下げを発表しましたね。変動も今月始めに引き下げたメガバンクもありました。この背景には当然、長期金利などの金利情勢が大きく影響しているのですが、それだけでしょうか?やはり、消費増税への駆け込み需要に対応しての顧客囲い込みを図る目的も少なからずあるのだと思います。
 ちなみに来月(2013年8月29日現在)の金利での最安金利は変動では0.7%を切る銀行もあるようです。固定では10年固定で1.2%台と私たちにとっては大変良いことですね。ただし、この金利も表向き?…で、さらなる引き下げも?交渉次第ではあるかも?なんてね???それにしても、最近の変動・固定(10年)の金利差が以前に比べ、縮小傾向にあることを認識しなければなりません。やはり、現状のローン金利は異常なほど低金利ですので、ライフイベントを第一に考慮することが重要ですが、そのほかにこれらを踏まえて金利選択(変動?固定?)をしなければなりませんね。そして、フラット35の来月の金利も気になるところです…
 さらに金利外競争も見逃せません!最近、良く目にする住宅ローンは特定の病気にかかった際にローンが減額または免除される疾病保障付の住宅ローン…これも何とも言えませんが、しっかりと支払事由などを確認して契約することをお勧めします。そして、事由にもよりますが、返済先延ばしや返済金額の減額期間の創設などなど…さすがに銀行員は考えますね…さらなる、良い商品が次々と開発されることを期待しています!

 とにかく、住宅購入に際して貸してもらえるから…なんて、時代はもう終わりました。よく商品を吟味して如何にコストを下げ、自身のライフイベントに即したローンを選択するかが大切ではないでしょうか!

この記事を書いたプロ

小林裕市

小林裕市(こばやしゆういち)

小林裕市プロのその他のコンテンツ

Share

小林裕市プロのその他のコンテンツ