まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
竹田和彦

和の庭の本来の意味と価値を伝え、魅力を引き出すプロ

竹田和彦(たけだかずひこ)

和niwa・株式会社タケダ造園

お電話での
お問い合わせ
0853-28-8282

竹田和彦プロのご紹介

癒やしの空間である和の庭の、価値や奥深さを広く伝えます。(2/3)

つくばい

庭の意味を知って、文化を伝える

 和の庭には、石や木などそれぞれの配置に、意味があります。茶道で使われる手水鉢「つくばい」は、周辺に三つの石を置きます。踏み石を中央に、左右の石の高さが違うのですが、冬に湯の桶を置く湯桶石は使いやすいように高く、もう一つの石は、夜にろうそくをともした手燭を置くため、広く照らすように低く作られています。また、大きな石の左右に小ぶりの石を置く「三尊石」は、中央が阿弥陀如来、左右が観音菩薩・勢至菩薩と、仏教の三尊仏を表しています。
 知識を持って庭を見ると、改めてその価値も分かりますが、現代では本来の意味を知る機会がほとんどありません。そのため、「親から引き継いだ庭があるが、よく分からないのでつぶしたい」「ちょっと変えたいが、変にならないか心配だ」と戸惑う方も多く、貴重な石や樹木が廃棄されています。「このままでは和の庭がどんどんつぶれ、石や木など、地域の財産である資源が失われる」と危機感を抱いた竹田さんは、独自のパンフレットを製作しました。和庭の基本的な考え方や、石や樹木の配置と意味をわかりやすく解説しています。意味を知ると、ほとんどの方が価値に気づき、「きちんと手入れをしよう」と思われるそうです。メンテナンスを出来るだけ簡単に、という希望も多く、今の生活に合わせたリニューアルが可能です。「先代が心を砕き、おそらく多くの費用を掛けて作られたものに、もう一度、命を吹き込みたいんです」。文化を次世代に継承したいという、竹田さんの使命感です。

竹田和彦プロのその他のコンテンツ

Share

竹田和彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0853-28-8282

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹田和彦

和niwa・株式会社タケダ造園

担当竹田和彦(たけだかずひこ)

地図・アクセス

竹田和彦プロのその他のコンテンツ