マイベストプロ山陰・島根
竹田和彦

和の庭の本来の意味と価値を伝え、魅力を引き出すプロ

竹田和彦(たけだかずひこ)

和niwa・株式会社タケダ造園

お電話での
お問い合わせ
0853-28-8282

コラム

特別名勝「六義園」in東京を紐解くその②

2019年4月21日

テーマ:名園

コラムカテゴリ:住宅・建物

六義園で私がお勧めする、絶対見落としてはならない場所として
池の中に浮かぶ小さな島!





見えますか?
遠くにあるでしょ
島が・・・・
石がいくつか重なった島!

望遠レンズで近づいてみましょう



よく見ると洞窟になってますね。
洞窟の島に松の木の小さいのが1本

これは何を意味するのでしょう。
実は・・・・

蓬莱島を意味しています。

蓬莱島は中国から南の海の中に浮かぶと言われる
伝説の島
ひょうたん型をした島がいくつか重なっていいて
そこには仙人がすみ
不老不死の薬をつくっている

縁起のいい島ということで水墨画にもよく描かれています。

神秘的な島にふさわしく
誰も辿り着くことができない
遠くの島に浮かぶ様子を
この石組は見事に表現していますね

庭園には必ず意味がありますが、
意味を知るとますます興味が湧いてくるものです

洞窟型の蓬莱島は珍しいので、
作者がアレンジしたのでしょう
なんとも素晴らしい発想です

写真は正面ですが、
ちょっと違う角度で撮ってみました

すると・・・




洞窟の上の石がほんの1っ点で置いてあるのがわかります
ほんのわずかに接している石組に
ますます神秘性が高まりますね

※様々な和風庭園の施工例はこちら↓
http://waniwa-t.blogspot.com/
※庭の悩みを解決するならこちら↓
https://www.takezofarm.co.jp/waniwalp/

この記事を書いたプロ

竹田和彦

和の庭の本来の意味と価値を伝え、魅力を引き出すプロ

竹田和彦(和niwa・株式会社タケダ造園)

Share
関連するコラム

竹田和彦プロのコンテンツ