マイベストプロ山陰・島根
竹田和彦

和の庭の本来の意味と価値を伝え、魅力を引き出すプロ

竹田和彦(たけだかずひこ)

和niwa・株式会社タケダ造園

お電話での
お問い合わせ
0853-28-8282

コラム

和風庭園講座のハイライト!

2019年2月5日

テーマ:ご報告

和風庭園講座のハイライトをお伝えします。
 
①和風庭園は3つの影響を受けている!

和風庭園は日本庭園とも言う通り、日本独自の庭園様式です。
そうなんですが、和風庭園は他国の影響も非常に受けているんです。

3つの大きな影響を受けて和風庭園は生まれるわけですが、
その3つは思想なんです。

まずは、①道教の影響です。道教とは中国の蓬莱神仙思想(ほうらいしんせんしそう)のことです。
ずいぶん昔、奈良時代の頃に、遣隋使、遣唐使が生死を掛けて海を渡り、中国の進んだ文化や生活様式を持って帰りました。

その頃中国では蓬莱神仙思想が信じられていました。

蓬莱神仙思想とは、蓬莱島という島が中国の南東の海にあり、そこには蓬莱山というひょうたん型の大きな山があり、山には仙人が住んでいるのです。仙人はその山で何をしているかというと、なんと不老不死の薬を作っているんです。

だから、蓬莱山へ渡ると永遠の命が手に入るというわけです。

しかも、その山には金銀財宝があるとか、動物は白色をしているとか、なんとも幽玄な山です。

この蓬莱山をイメージした庭園が造られましたが、庭園だけでなく水墨画にも蓬莱山が沢山描かれました。巨匠横山大観の作品にもいくつも描かれていますよ。


蓬莱山


まぼろしの蓬莱山は、いかにも神話的ですが、当時の中国の方は本気で信じていました。秦の始皇帝や漢の武帝は、天下を取った後、永遠の命を求めて、蓬莱島に遣いを出したと言われています。

日本書紀には、なんと!この蓬莱島に行ったことがある人物のことが記されています。

思想の話なので、実際にはないはずでは!!

しかし、行った人がいる!

次回は、誰が蓬莱島に渡ったのか・・・・・

この記事を書いたプロ

竹田和彦

和の庭の本来の意味と価値を伝え、魅力を引き出すプロ

竹田和彦(和niwa・株式会社タケダ造園)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

竹田和彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0853-28-8282

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹田和彦

和niwa・株式会社タケダ造園

担当竹田和彦(たけだかずひこ)

地図・アクセス

竹田和彦プロのコンテンツ