まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
竹内政治

畳のこころを伝えるプロ

竹内政治(たけうちせいじ)

有限会社竹内畳店

竹内政治プロのご紹介

畳の良さをさまざまな形で提案します(3/3)

竹内畳店・ワークショップの様子

2人そろって「畳ドクター」に認定。地域の活動も支える

 竹内さん一家に新たな勲章ともいえる「畳ドクター」の認定証がつい最近、政治さん、玲子さん2人そろって届きました。消費者が安心して任せられる畳のプロを全国畳産業振興会が認定する制度。2009年6月に制度ができて、現在全国で1350人が認定されています。最近の住宅はフローリングが主流になって、畳のある和室がどんどん減っています。ディスカウント店には海外からの輸入畳がずらりと並ぶ時代です。国産畳の良さを多くの人に伝えていく。「畳ドクターにはそうした使命も託されていると思います」と、イグサ産地の熊本県八代を訪れて生産者と交流も続けているそうです。

 竹内畳店のある石橋3丁目は、秋ともなると伝統の鼕(どう)を打ち鳴らす音が響き渡ります。政治さんも鼕(どう)行列の大切なメンバー。「石橋3丁目にいると鼕行列は絶対。数カ月前から仕事の段取りをしてこの日に備えます」と政治さん。なかには「鼕が終わってからでいいから」と言ってくださるお客さまもいるとか。2代目昭雄さんは町内の傘踊り同好会「美傘会」を20数年前に立ち上げ、今では政治さんの年代へ引き継がれ老人ホームなどへの慰問活動を続けています。

 息子さん2人も、小さい時から両親と一緒に普及活動を手伝ってきました。家族全員が力を合わせて家業を支え、地域活動にも熱心な竹内畳店は、まさに地域に愛される畳屋さんと言えるでしょう。
(2010年8月取材)

■竹内政治プロのプロフィール

豊富な経験、施工実績。

3

竹内政治プロのその他のコンテンツ

Share

竹内政治のソーシャルメディア

rss
愛畳ブログ3(愛畳ブログ)
2018-09-18
facebook
Facebook