まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
持田稔樹

「信頼と実績」を守る新築とリノベーションのプロ

持田稔樹(もちだとしき)

有限会社持田建築

お電話での
お問い合わせ
0853-69-1154

持田稔樹プロのご紹介

光熱費を抑えた省エネ建築「パッシブハウス」を提案しています(2/3)

自然と人が調和する家を、自信を持ってお勧めします

自然と人が調和する家を、自信を持ってお勧めします

 職人・設計・営業に携わり、総合的な家づくりをしてきた持田さん。 毎年数多くの住宅の新築・リフォームを手掛けています。先にも書いてありますが、特に力を入れているのが「パッシブハウス」です。 「アクティブ」の反対の意味である「パッシブな家」とは、エアコンなどの機器を使わず、太陽の光による熱や明るさ、風などの自然エネルギーをそのまま利用して、快適な住環境を目指す住宅のことです。 断熱性能の高い壁や窓を使用し、窓の位置や大きさ、換気方法など「住宅の燃費」を計算することで、新築・リフォームを問わず、夏は涼しく、冬は暖かい家となります。 魔法瓶のように室温や湿度を一定に保つ高気密・高断熱住宅において、㈲持田建築は21年の実績がありますが、さらに一歩進んだ「ゼロエネルギー住宅」「プラスエネルギー住宅」をドイツでは国策として進めています。その事が、住宅建築にとどまらず、林業の発展や雇用創出にもつながり、地場産業の発展などにも好影響をもたらします。 「電気が半分な家」を全国で展開すれば電源事情も大きく変わるとも言われています。
 「パッシブハウス」は光熱費を最小限に抑えることができるため、ランニングコストである家計も抑制できます。 「快適で健康的な暮らしができるので、アトピーやぜんそくの症状が改善した」という報告もたくさんあります。 自然と人が調和した『パッシブな家』を、自信を持ってお勧めします!」と持田さんは呼び掛けています。

持田稔樹プロのその他のコンテンツ

Share

持田稔樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0853-69-1154

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

持田稔樹

有限会社持田建築

担当持田稔樹(もちだとしき)

地図・アクセス

持田稔樹プロのその他のコンテンツ