マイベストプロ山陰・島根
持田稔樹

「信頼と実績」を守る新築・リフォームのプロ

持田稔樹(もちだとしき) / 建築家

有限会社持田建築

お電話での
お問い合わせ
0853-69-1154

コラム

グリーン材?と水分計22.6%

2020年2月25日

コラムカテゴリ:住宅・建物

6mのカウンター材(杉板)です。

グリー材で厚さがあり、雨が続いて思うように乾燥しないので、室内で乾燥させました。
事務所は「断熱の部屋」なので乾燥して困っていましたが、丁度良く湿度が上がりました。
当初は94% → 22.6~35.8%まで下がりました。 半月ほどです。
もう直ぐ使用可能になると思います。
一般住宅では、当然「人工乾燥材」KD材を使用しますが、これは特別な長さなので、そんな素材がありませんでした。
断熱の家にグリーン材を使用すると、当然湿気が壁の中に出て、断熱材がそれを含んでしまいます。 吸湿性のある素材は全くダメですね。
そして、入居後、乾燥による木材の収縮が致命傷となります。
気密性が損なわれ、そこから外気が入れば→結論発生→木材の不朽→カビの発生→などなど。
断熱住宅の第一の注意点です。しかも「目には見えない」ところで起きています。












↓ 板類の薄い物は屋外で乾燥中です。
冬の空気は乾燥していますので、直ぐに乾きます。
昔は上棟後の状態で「冬の空っ風」にさらして、家を乾燥させたものです。
この期間が1ヶ月以上あれば、完成後1年は狂いませんでした。
3が月以上の場合には、3年は狂いが出ませんでした。
長ければ長いほど木材が完全乾燥状体に近くなります。





住宅に関するお問合せ、質問等はメールにてお願いします。

この記事を書いたプロ

持田稔樹

「信頼と実績」を守る新築・リフォームのプロ

持田稔樹(有限会社持田建築)

Share

持田稔樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0853-69-1154

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

持田稔樹

有限会社持田建築

担当持田稔樹(もちだとしき)

地図・アクセス

持田稔樹プロのコンテンツ