まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
小幡大介

住宅のシロアリ・腐朽対策のプロ

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

コラム

虫太郎の伝言板 ⑯

2012年5月22日 / 2014年6月3日更新

虫の文化史(虫偏の虫)⑯
―人と虫が奏でる文化―

「蛇(へび)」の話

ヘビは虫太郎の天敵です。
しかし、怖いもの見たさから、興味は人一倍です。直接遭遇は御免だが、高みの見物は大好きという人もきっと多いはずです。 

「蛇」の名前

ヘビは漢字で書くと、虫偏に、ウ冠(かんむり)の下に「ヒ」で、它(だ)と書きます。 
它とは、ヌルヌルしてとぐろを巻くものの意味です。
日本語の「ヘビ」は、地面を《這う》とか、咬む意味の《咬(は)む》から来ています。つまり、「ハム」から「ヘビ」に変化したようです。

日本で噛み付くヘビの代表といえば、「マムシ」です。
本来、ハムやヘビは「マムシ」だけを指していたようです。
その証拠に、島根県の石見地方などの方言でマムシだけを、「ハミ」といいます。
つまり、「マムシ」こそが日本のヘビの代表です。

超動物である

ヘビは敬遠される一方で、人間にとって「とても気になる存在」でもありました。聖書で、イヴに林檎(リンゴ)を食べるようそそのかしたのも、ヘビです。

気になる理由は、「超動物的」ともいえる「特異性」にあるようです。ウナギのように長いけれどヒレがない。トカゲに似ているが足がない。虫のように地面を這うのに、肺で呼吸する。運動能力といえば、水・陸はもちろん、木登りも達者にこなす。感覚器官も、五感の他に、二つに割れた舌は、環境分析のセンサーになっている。
ほかの生き物とは大きく違う点で、ある種「孤高な生き物」といえます。

特殊性と怖れ

一口で言えば、ヘビは「不思議な生き物」といえます。
ヘビが、自分の尻尾(しっぽ)を飲みこむ図があります。
その結果は、消滅を連想させますが、同時に「自己完結」も暗示します。
学者の中にも、「厳密には、ヘビは爬虫類ではない」という人達がいます。
「ヘビ嫌い」の真因は、その特殊性への怖れにあるようです。


(薬学・医学の象)
つづく

この記事を書いたプロ

小幡大介

小幡大介(おばたたいすけ)

小幡大介プロのその他のコンテンツ

Share

小幡大介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介

株式会社コダマサイエンス

担当小幡大介(おばたたいすけ)

地図・アクセス

小幡大介プロのその他のコンテンツ