まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
小幡大介

住宅のシロアリ・腐朽対策のプロ

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

コラム

虫太郎の伝言板 ⑫

2012年1月13日 / 2014年6月3日更新

虫の文化史(虫偏の虫)⑫
―人と虫が奏でる文化―

虫と文学
虫を題材や題名にした文学。

「虱(しらみ)」

芥川龍之介の短編小説に「虱(しらみ)」があります。

長州征伐に向かう船の中で起きた「シラミ論争」の話です。

シラミの効用について、森という男は「生きたまま集めて衣服の中に入れると、刺された体を掻いている内に、体が温かくなって寝つきが良くなる」と言います。

一方、井上という男は「シラミを集めて食うと、焼き米のような味で美味しい」と、毎日食べています。
ある晩、森が集めたシラミを井上が盗み食いしたことから、刃物沙汰になる。という話です。

シラミを、暖房器具や食料にするとは、ちょっと凄まじいで話ですが、シラミを題材にして小説が書けるところは、芥川龍之介の才能ですか。

龍之介は、「鼻」という短編も書いています。ちょっとした素材で、人の心の動きを焙り出します。才能ですね。


「蟹工船」(かにこうせん)

 小林多喜二の小説です。

 昭和初期、オホーツク海で操業するカニ工船で、資本家の利益のために奴隷のように働かされる労働者たちが、やがて労働闘争へと立向かってゆく話です。

派遣労働やワーキング・プア、経済の閉塞感を反映してか、近年読者が多くなった作品です。


(小林多喜二と蟹工船)


「かまきり夫人」

 五月みどり主演の映画です。

男を誘惑しては不幸に陥れる、妖艶な人妻を描いています。
メスがオスを食べるカマキリの習性にちなんだ題名です。


「蜻蛉(かげろう)日記」

 平安朝の右近衛大将 藤原道綱の母による日記です。

21年にわたる藤原兼家との結婚生活を綴り、公卿の妻としての苦しみや嘆きを記したもので、「なおものはかなきを思えば、あるかなきかの心地する、蜻蛉日記といふべし」からつけられた題名です。
この時代の「カゲロウ」は、現代の「トンボ」を指しました。

つづく

この記事を書いたプロ

小幡大介

小幡大介(おばたたいすけ)

小幡大介プロのその他のコンテンツ

Share

小幡大介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介

株式会社コダマサイエンス

担当小幡大介(おばたたいすけ)

地図・アクセス

小幡大介プロのその他のコンテンツ