まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
小幡大介

住宅のシロアリ・腐朽対策のプロ

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

コラム

虫太郎の伝言板 ⑪

2011年12月6日 / 2014年6月3日更新

虫の文化史(虫偏の虫)⑪
―人と虫が奏でる文化―

虫にかかわる言葉③

虫を題材にした使える言葉や格言を探してみましょう。

「蟷螂(とうろう)の斧(おの)を以って隆車(りゅうしゃ)に向かう」。
これは真面目な格言です。

蟷螂とはカマキリのこと。 隆車とは大きな車、あるいは皇帝が乗る車です。
「カマキリが、鎌で、皇帝の車に刃向かう」という意味です。

自分のわずかな力量を過信して、大敵に刃向かう愚かさ、の例えです。
「蟷螂の斧を以って隆車に向かう」。復唱してみましょう。

誰かに使えそうな格言ですね。相手次第では、叱られるかも知れません。使うときは慎重に。


(カマキリ隆車に立向かう)

「極楽トンボ」

おなじみの「極楽トンボ」です。「浮かれポンチ」や、「いかれポンチ」のことで、意味は「バカ」のことです。しかし、極楽浄土の上をフラフラと飛んでいるトンボ。なんだか飄々(ひょうひょう)としていて、いい感じで、羨ましいことです。

このトンボは、どうやら秋空を高く飛ぶ、アキアカネのようです。長渕 剛の歌にも登場します。

「オケラ」

 一文無しのこと。
オケラが仰向けに両手を広げた格好と、お手上げが合わさった言葉といわれます。

「玉虫色」

 見方次第でどうにでもとれることの例え。「玉虫色の決着」など、うやむやで悪い意味に使うことが多い言葉です。

タマムシの羽は、「構造色」と呼ばれ、光の入射角度で色が違って見えます。だから色が褪せず、国宝「玉虫の厨子」は輝き続けます。CDディスクの輝きも構造色です。構造色を利用したデザインの繊維も登場しています。

「逆さ蛍」

これはスラング、つまり隠語で、「ハゲ頭」のことです。
蛍は尻が光るのに、それと逆のハゲ頭を、逆さ蛍と表現したものです。面白いですが、ちょっと酷(ひど)い表現です。

本人には内緒にしましょう。


つづく

コダマサイエンス
小幡 大介

この記事を書いたプロ

小幡大介

小幡大介(おばたたいすけ)

小幡大介プロのその他のコンテンツ

Share

小幡大介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介

株式会社コダマサイエンス

担当小幡大介(おばたたいすけ)

地図・アクセス

小幡大介プロのその他のコンテンツ