まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
上代悟史

価値ある家づくりのプロ

上代悟史(じょうだいさとし)

株式会社かみしろ (旧 株式会社上代工務店)

お電話での
お問い合わせ
0854-43-2651

コラム

方位の感じ方

建築つれづれ

2012年12月18日 / 2014年6月3日更新

静岡よりお問い合わせいただきました

いずもありがとう
上代工務店ジョウダイです


お問い合わせいただいた質問は
「南向の家は建てるな」の基本みたいなところです

細かいアドバイスは地理的な条件もありますから
むずかしいところですが

今回は特別に一般論として
こちらにコラムとして回答させていただきます



図のような角地2面道路80坪の敷地
となりにはそれぞれ2階建ての隣屋があるとします

こんな場合
どういうふうにレイアウトするのがいいのか

家づくりにおいて
間取りや配置の仕方って何通りもあって
悩ましいところでもありますが
これって非常にウラヤマシイ敷地条件です

採光や通風にめぐまれた家づくりができそうです
北面を真上にして図面をみると
日当たりや風通しといった方位に左右される条件って
チェックしやすいと思います






日当たりや風通し考えるとこんな感じでしょうか

屋根形状や窓のレイアウトは、
その土地々々の気象条件をチェックして考えるといいでしょう


ひとつアドバイス

「西陽」

夏の西陽はすまいにおいて悪者にされること多いですが

冬たくさん西陽が入る家は気持ちのいいものです


本来、日本津々浦々四季があり
夏の強い日差しは
「よしず」や「すだれ」でさえぎるって習慣がありました

夏の強い日差しは遮り
冬は陽の光をたくさん取り込む

季節に合わせてオンオフが出来る日射遮蔽が理想的なんだと思います

この記事を書いたプロ

上代悟史

上代悟史(じょうだいさとし)

上代悟史プロのその他のコンテンツ

Share

上代悟史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0854-43-2651

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上代悟史

株式会社かみしろ (旧 株式会社上代工務店)

担当上代悟史(じょうだいさとし)

地図・アクセス

上代悟史のソーシャルメディア

facebook
Facebook

上代悟史のソーシャルメディア

facebook
Facebook

上代悟史プロのその他のコンテンツ