まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
上代悟史

価値ある家づくりのプロ

上代悟史(じょうだいさとし)

株式会社かみしろ (旧 株式会社上代工務店)

お電話での
お問い合わせ
0854-43-2651

コラム

床暖房は輻射熱暖房じゃないんだよ

暖房について考える

2012年10月17日 / 2017年2月20日更新

朝晩はすっかり寒くなって来ましたね
オフィスにも暖房がついてました

いずもありがとう
上代工務店ジョウダイです

さて

暖房の話で毎年する定番のネタなんですが
「1階に床暖房はもったいないよ」って話ふたたびです

実は
わが家の1階のリビングには床暖房ついているんですが
もったいない話であります

わが家にもついてるとおり
床暖房って結構人気あります

足元スースーするのっていやですもんね
冬リビングの足元が暖かいと幸せです
ですから人気あるんですが

問題はその燃費です
それを取り巻く断熱性能にもよりますが
基本的にロスの大きい暖房なんです


人が暖かさを感じるのは「熱」によるものです

熱の伝わり方には「伝導」 「対流」 「輻射」と3種類あって
暖房っていうのは
この3つの熱の伝わり方がミックスされてます

たとえば
ファンの付いてない石油ストーブ
火をつけて鉄板のうえにやかんが載ってる状況



ストーブに触ると熱いです(やけどしちゃいますからさわっちゃダメですよね)

この「熱っ!」てのが「伝導」で感じる熱です
だからやかんも熱くなります。
(ちなみにやかんの中の水がお湯になるのは「対流」です)

ストーブに近づくと暖かいです
これは熱くなったストーブから「輻射」熱をもらうからです

イメージしてみてください
「輻射」熱というのは離れていてもとんでいくビームです
目に見えないスペシウム光線がこっちに飛んでくるイメージです

でこのスペシウム光線
距離が近いほど伝わりやすいですし
温度差が大きいほどあたたかく感じます

この温度差というのが重要です
めっちゃ重要です

めっちゃというのを数字でいうと4乗に比例して重要なんですが
むずかしい数字は置いとくとしても

輻射熱というのは
スペシウム光線を出してる方と受けてる方の「温度差」で
暖かさの感じ方がめっちゃ違うもんだと覚えておいてください

床暖房の設定温度って40度前後です
うちの床暖房であれば床面を38度くらいにしてます

人間の体って36度くらいですよね

温度差2度くらいですから
スペシウム光線の威力ってめっちゃよわいってレベルの「輻射」熱なんです

床暖房って結構燃料食べるんですが
輻射熱の威力としてはめっちゃ弱いレベルなんです

じゃなんで人気があるか
それは床暖房の入っていない床の温度の性みたいです

冬の床面ってストーブがついていても13度ぐらいだったりします
(まあその家の断熱性能によって大きく違うんですが)

人36度に対して床13度だと
スペシウム光線を出すのが人のほうになります
熱を奪われるから冷たく感じるんですね

それにくらべて床暖房ときたら
威力は弱いにしても熱奪いませんから
あたたかく感じる

というか
直接足が触わってるわけですから
輻射+伝導です
めっちゃあたたかく感じるわけです

じゃあ
燃費のワルイのさえ我慢すればいいもんなんだ
というかというと

続き「床暖房の燃費について」
http://mbp-sanin.com/izumoarigatou/column/1512/

蓄熱暖房の話
http://mbp-sanin.com/izumoarigatou/column/1521/

この記事を書いたプロ

上代悟史

上代悟史(じょうだいさとし)

上代悟史プロのその他のコンテンツ

Share

上代悟史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0854-43-2651

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上代悟史

株式会社かみしろ (旧 株式会社上代工務店)

担当上代悟史(じょうだいさとし)

地図・アクセス

上代悟史のソーシャルメディア

facebook
Facebook

上代悟史のソーシャルメディア

facebook
Facebook

上代悟史プロのその他のコンテンツ