まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
後藤徹

お仏壇とお墓のプロ

後藤徹(ごとうとおる)

株式会社「ひょうま」 松江営業所

お電話での
お問い合わせ
0852-24-4515

後藤徹プロのコラム一覧

2018-09-20

 枕経【まくらきょう・まくらぎょう】  枕経とは、臨終の場で最後の時を迎えつつある方の枕元でその方の不安を取り除いき、安らかに最期を迎えられるようにとの願いを込めて唱えられるお経です。危篤から臨終の間で枕経を行うのが本来の姿ですが、現状では亡くなられたあと直ぐの儀式となりまし...

 5月の第2日曜日は・・・ 毎年、5月の第2日曜日は「母の日」です。家族のために尽くしてくれるお母さんへの感謝の気持ちを表す日として親しまれています。母の日の由来については諸説あるそうですが、20世紀初めのアメリカで生まれたとされる説が一般的だそうです。当時、フィラデルフィ...

2017-06-22

 仏様への最高の供物『献米』 商品開発は主婦の方へのリサーチから始まりました。「仏様へ御供えする商品」「沢山いただいても嬉しい」「宗派を考えなくても選べる」そんなご要望にお応えする「より喜ばれるご進物」をコンセプトに誕生したのが「ご進物米」です。「毎日お...

2016-10-08

 位牌の「享年」と「行年」  お通夜や葬儀にあたって故人を紹介するときやご家庭にあるお位牌、過去帳などに用いられる「享年(きょうねん)」と「行年(ぎょうねん)」について、どう使い分けられているかご存知でしょうか?辞書で調べてみたところ・・・「享年」・・・天から享けた年の意...

2016-09-30

 不祝儀袋の表書き  お客さまからのご質問で多いのが「葬式に持って行くのしの表書きはどう書いたら良いの?」というお問い合わせです。 仏教では亡くなられた方の霊(魂)は四十九日の間、仏になるための旅に出て、四十九日の満中陰法要後に仏になるとされています。 このため、...

 梅雨の真っ最中で鬱陶しい天気が続いていますが、今年もお盆のご準備の時期になりました。 ひょうま松江店では家紋提灯から場所を取らない省スペース行灯、創作行灯と幅広い品揃えでご盆のご準備のお手伝いをさせて頂きます。【新盆(初盆)】 故人が亡くなって四十九日の忌明...

 仏壇の始まり 仏壇の始まりは今から1千年以上前、天武天皇の時代と言われています。西暦686年に「諸国の家毎に仏舎を造り、仏像や経を置いて礼拝供養せよ」という天武天皇の勅が出されこれをもって家ごとに仏壇を安置する起源とされています。(玉虫厨子)奈良県の法隆寺に所蔵されてい...

 日々のお世話が大切です せっかくご自宅にお仏壇を設置しても、設置しただけで安心してしまってご先祖様のお世話をさぼってしまっては意味がありません。まず毎日のお世話として、仏飯、お水、お花、灯り、お香の五供を忘れずに行いましょう。仏飯はできるだけ午前中に供えるようにします...

 お盆の由来って? そもそもお盆の正式名称はご存知でしょうか?それは「盂蘭盆会」と言います。インドのサンスクリット語で「ウラバンナ」と書きますが、この盂蘭盆会を略した言い方を「お盆」といいます。かつてお釈迦様の弟子の一人に、目連尊者という名の弟子がいました。目連尊者...

 じつは数珠には深い意味が 近年はブレスレットのように、使われる数珠ですが、本来どういう意味のあるものなのでしょうか?仏教では、数珠は仏様やご先祖様を拝み供養するために使われます。数珠とは珠数と書くこともありますし、ずずと読むこともあります。また念珠と呼ぶこともあるの...

 掛軸の役割とは みなさん、掛軸の語源はご存知ですか?「掛軸」という言葉の語源には、古来の中国・宋で礼拝用として使用されたことに起因し、「掛けて拝む」という意味が込められています。日本には飛鳥時代に伝来しましたが、のちには仏教用だけでなく浮世絵などに代表されるさまざ...

 仏壇に飾る花瓶に決まりはあるの? 仏具店に入ると仏壇用の花瓶がたくさん売られています。仏具なので何か特別な感じがしますし料金もちょっと高めなので、ホームセンターのものとはなんとなく意味が違うのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。では本当にそうなのかというと、そんな...

 仏様もお茶を飲む? お水やお茶は、茶湯器と呼ばれる仏具にいれてお供えしますが、ご飯とともに朝夕の食事の時間にお供えするのが理想です。夕方が難しければ朝にお供えするのが理想ですが、これは、修業中の身のお坊さんは修業の一環として午前中の1回しか食事をできません。午前中にお...

 蝋燭立てとは? 仏壇に祀る蝋燭立ては、香炉、花立と同様に非常に重要な仏具のうちのひとつで、ほぼ全ての宗派で用いられています。蝋燭立てはその名の通り蝋燭を立てるもので、別名を火立てや燭台ともいいます。暗い闇の中にほんわか温かなあかりを灯す蝋燭の火は、仏様の慈悲の光だと...

 花立てとは? 花立てとは三具足・五具足のうちのひとつで、その名の通り常花や生花を飾るのに使用します。香炉と同じように仏具の中でも最も重要なものの一つと言えるでしょう。素材としては変色のしにくいステンレス製、真鍮製、アルミ製のものが多く、他には純金製や純銀製のものまで幅...

後藤徹プロのその他のコンテンツ

Share

後藤徹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-24-4515

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

後藤徹

株式会社「ひょうま」 松江営業所

担当後藤徹(ごとうとおる)

地図・アクセス

後藤徹のソーシャルメディア

facebook
Facebook

後藤徹のソーシャルメディア

facebook
Facebook