まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
加藤圭吾

屋根、外壁リフォームのプロ

加藤圭吾(かとうけいご)

株式会社フォーシンク

加藤圭吾プロのご紹介

山陰地方初の外壁診断士が最適なご提案(2/3)

加藤圭吾 かとうけいご

お客さまと長いお付き合いを

 フォーシンク出雲は、水回りの修繕、上下水道、給排水空調設備などを手がけるイマックス株式会社(旧今市水道株式会社)のグループ企業です。祖父の作逸さんは、今市水道の創立者の一人で、父親の幹夫さんはイマックス株式会社の代表取締役社長を務めています。出雲市大社町の実家には、子どものころ「出張所」の看板が掛かり、水道や住宅の仕事は身近だったといいます。

 大学を卒業後、岡山県倉敷市の株式会社安藤嘉助商店(カスケホーム)に入社。同社は創業130年の歴史があるリフォーム専門の会社で、ここでの7年間は「大変勉強になりました」。経験を積み、支店、本店の店長を務める傍ら、2級建築士、1級建築施工管理技士、1級管工事施工管理技士、宅地建物取引主任者などの資格を取得。「地域に密着し、お客さまの満足度を大切にする」姿勢も学びました。

 30歳で帰郷するに当たり、カスケホームでの経験を生かし「お客さまに身近で、住まいの困りごとを解決する仕事をしたい」という思いからフォーシンク出雲を設立しました。ホームページを立ち上げ折り込みチラシを配布してPR。仕事は徐々に軌道に乗りました。「継続することが大切です。これだ! と思ったことはやり続けます」と話す加藤さん。月1回のチラシ配布と年4回の相談会は今後も続けるつもりです。

 営業エリアを出雲、松江、雲南3市とその近郊に限定しているのはスピード対応を可能にするためです。「工事完了してからがお客さまとのお付き合いの始まりです。さまざまなご要望にお応えし、永いお付き合いをさせていただけるよう願っています」と話します。

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ

Share

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ