まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
加藤圭吾

屋根、外壁リフォームのプロ

加藤圭吾(かとうけいご)

株式会社フォーシンク

コラム

外壁サイディングボードの◆種類・施工方法&費用◆について

ご報告

2017年7月16日

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。
前回は、「窯業系サイディングの特徴」についてご報告させていただきました。今回は「窯業系サイディングボードの種類、施工方法、費用」ついてご説明させていただきます。

①窯業系サイディングボードの種類と費用
 今回は、特徴や耐用年数等を目安に、販売されているオススメの窯業系サイディングボードをいくつか紹介させていただきます。

【ニチハ株式会社:風光】


【サイズ】W3030×D21×H455
【価格】10,152円/枚(税込)

 「風光」の最大の特徴はマイクロガードです。マイクロガードとは、分かりやすく言うとセルフクリーニング機能です。マイクロガードは、空気中の水分を外壁へ取り込み、外壁表面に薄い膜を構成します。その膜に水が付着すると汚れを外壁表面に付着させないようにすることができます。そのため、「風光」は常に綺麗な状態を保つことが出来る優れた外壁材なのです。

【ケイミュー株式会社:光セラ】


【サイズ】W3030×D16×H455
【価格】7,900円/枚(税込)

 「光セラ」もセルフクリーニング性能が強みですが、それに加えてセラミック加工もされているため、さらに経年劣化を防ぐことが出来ます。さらに、「光セラ」には、耐候性グレードの色10年保証と、ケイミューの純正品の部材を使用することで、15年保証もつきます。その保証の対象にはコーキングの内容も含まれているため、安心で、おススメの外壁材です。

【旭トステム株式会社:ガーディナルSmart】


【サイズ】W3030×D16×H455
【価格】6,900円/枚

 ガーディナルシリーズは「シーリングレス」の商材で、シーリング材の変わりに専用施工部材である「カンシキくん」という部材を使用することで、シーリングレスの外壁を実現しています。シーリングレスを実現することで、より一層、住宅の美しさが際立ちます。また、塗膜の15年保証もついています。

②窯業系サイディングボードの施工方法
窯業系サイディングボードには、施工方法が2通りあります。それぞれの内容や違いについて、ご紹介します。

②-1釘留め工法
 釘留め工法とは、専用の釘を使用して下地に窯業系サイディングボードを直接留め付ける施工方法です。この釘留め工法は、厚さ14㎜の薄いボードで使われます。メリットとしては、施工が簡単であり、費用も金具止め工法より抑えられるということです。デメリットとしては、釘自体の耐久性が弱く、釘が錆びてしまうとそこから錆汁のシミが出来たり、また凍害等で外壁材自体のひび割れが起こる原因にもなってしまいます。

②-2金具留め工法
 金具留め工法とは、ステンレス金具を下地にビスで固定し、そのステンレス金具に引っ掛けながらボードを貼っていく工法です。厚さが15㎜以上のボードで使われる工法で、金具に固定されたボードは縦横に自由に伸縮することができるため、窯業系サイディングボードが温度変化によって伸縮を繰り返す場合も、釘留め工法と比較すれば、受けるストレスは少なくなります。費用は、釘留め工法よりも多少高くなりますが、長い目で見ると金具留め工法で住宅を長持ちさせる環境を作った方が、コストパフォーマンスも良くなります。

★備考★
 弊社に外壁診断のご依頼をいただいた際にあるケースですが、金具留め工法のサイディングボードを釘留め工法で施工してある場合がございます。サイディングボード自体の早期ひび割れの原因になります。せっかく高品質高耐久のサイディング材を選定しても、施工方法を誤ると台無しになります。新築、もしくは張替えをご検討、ご依頼される際は業者さんにサイディングボードの施工方法をご確認されることをオススメいたします。


③劣化状況に合わせたメンテナンスの必要性
 窯業系サイディングボードは、定期的にメンテナンスが必要な外壁材です。そのメンテナンスもボードの状態によって、変わる場合があります。この章では、どのような状態の窯業系サイディングボードには、どのようなメンテナンスが必要なのかを説明します。

③-1劣化状況に合わせたメンテナンス方法が必要
◇◆メンテナンス方法◆◇
◆塗装◆
劣化状況
・色褪せている
・触ると手にチョークの粉のようなものがつく
・表面塗膜が膨れたり、剥がれたりしている
・カビやコケ、藻が生えている
・ひび割れが起きている

◆重ね張りor張替え◆
劣化状況
・ボードの一部分が滑落している
・ボードに穴、もしくは大きな亀裂がある
・ボードが反っている

◆シーリングの打ち換え◆
・シーリングが凹んでいる、痩せている
・シーリングがひび割れている
・シーリングが切れている、破断している

 上記のような症状が見られた場合は、すぐにメンテナンスを行う必要があります。この症状をそのまま放置しておくと、さらに状況が悪化し、メンテナンス費用が更に大きくなってしまう可能性があるため、早めのメンテナンスをオススメいたします。


◇まとめ◇
 窯業系サイディングは、現代では主流の外壁材です。自分好みの外壁デザインを探したい方には窯業系サイディングをおススメします。ご自身が希望するデザインや価格帯を提示すれば、業者さんはお施主様の希望に合ったものを提案してくれます。長持ちさせるには防水機能が切れる前に、傷む前に塗装によるメンテナンスを行いましょう。

 
 以上「窯業系サイディングボードの種類、施工方法、費用」について説明をさせていただきました。次回もサイディングについて説明させていただきますが内容は更に絞りまして、「外壁サイディングボードのメンテナンス方法」についてご説明させていただきます!乱文に最後までお付き合いをいただき ありがとうございました。



外装リフォームで
お客様の大切な家屋を保護いたします
フォーシンク出雲

窓まわりリフォームで
毎日の暮らしもっと快適に
MADOショップパートナー フォーシンク出雲

水まわりリフォームで
家屋の価値と性能を向上させて楽しい暮らしを実現しましょう
住宅リフォーム専門店 フォーシンク出雲

この記事を書いたプロ

加藤圭吾

加藤圭吾(かとうけいご)

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ

Share

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ