まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
加藤圭吾

屋根、外壁リフォームのプロ

加藤圭吾(かとうけいご)

株式会社フォーシンク

コラム

◆タイル第2弾◆どれが良いの?タイル∞サイディング∞モルタルについて

ご報告

2017年6月10日 / 2017年6月18日更新

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、「外壁タイルの基本知識及びメンテナンス」についてご報告させていただきました。今回はタイル第2弾といたしまして「どれが良いの?タイル∞サイディング∞モルタル」についてご説明させていただきます。
 
◆タイル∞サイディング∞モルタル とことん比較◆
 3種類の外装材共に耐久性があるから多く採用されている外装材ではありますが、今回はあえて分かりやすくするためにそれぞれのメリットデメリットを紹介し、耐久性の優劣を表現させていただきます


①サイディングの特徴
 サイディングは、大きく分けて金属サイディングと窯業系サイディングの2つに分かれます。様々なデザインがあり、現在新築の約8割で使用されている普及率の高い建材です。サイディングボードと呼ばれるボード状の建材を張り合わせていく工法です。メリットは、普及率が高く建材を大量生産できるため初期費用が安く仕上げられることです。ボードを張り付けるだけで良いので、職人による出来の良し悪しもあまりなく、比較的手軽に施工できます。デザインの種類も豊富なので、好きなものを選ぶことができます。一方で、メンテナンスコストが定期的にかかります。ボード表面に塗装されている塗膜が劣化すると、外壁の防水機能が低下してしまい、雨水が家の内部に浸入してしまうので、劣化症状が見られたら塗装や張り替えなどでメンテナンスをする必要があります。窯業系サイディングボードの場合は縦の継ぎ目、窓まわりの隙間に充填されているコーキングの劣化に伴い、コーキングのウチ替えが必要になります。

②モルタルの特徴
 モルタルは、土やセメントからできており、左官職人さんが仕上げていく日本の伝統的な工法です。昔はモルタル壁の家が多かったのですが、手間がかかることから今はサイディングよりも普及率が低くなっています。メリットは、完全にオーダーメイドでデザインできることです。職人さんの腕によって仕上げられるので、全く同じ家が仕上がることはなく、手仕事ならではの魅力があります。質感も落ち着いており、サイディングのようなつなぎ目もありません。デメリットは、職人の腕次第で仕上がりが大きく変わってしまうことです。良い職人さんだと良いのですが、腕の悪い職人だと見た目はもちろん、耐久性も低いものになってしまいます。また、しっかりとした施工をおこなっても、モルタルの素材は土やセメントなのでひび割れが発生します。その為、サイディング同様定期的なメンテナンスが必要です。


③特徴の比較
3つの建材についての特徴は以下の通りです。

⑴外装タイル
見た目・・・・・・・高級感がある
耐久性・・・・・・・高い
初期費用・・・・・・高い
メンテナンス費用・・低い
特徴・・・・・・・・重厚感がある家に仕上がり、初期費用は高いが目地部分のみのメンテナンスで済むためランニングコストで考えるとお得です。デザイン性と耐久性を重視したい、末永く住む方向き。

⑵サイディング
見た目・・・・・・・デザイン性が豊富
耐久性・・・・・・・低い
初期費用・・・・・・低い
メンテナンス費用・・高い
特徴・・・・・・・・一般的に普及されており、種類も豊富で、初期費用は安いですが定期的に塗り替え、コーキングの打ち替えなどのメンテナンスが必要です。初期費用を抑えたい方向きです。

⑶モルタル
見た目・・・・・・・手仕上げで落ち着いた質感
耐久性・・・・・・・低い(施工性で変動あり)
初期費用・・・・・・高い
メンテナンス費用・・高い
特徴・・・・・・・・左官で仕上げる為職人次第で仕上がりと耐久性に差が出ます。職人の手間代がかかるため初期費用は高く、メンテナンスも必要ですが、温かみのある家にしたい方向きです。

 以上、「どれが良いの?タイル∞サイディング∞モルタル」について説明をさせていただきました。次回もタイルについて説明させていただきますが内容は、近年外壁をタイルでリフォームしたいとお考えの方が増えておりますので、「外壁をタイルでリフォームした場合のメリットとかかる費用」についてご説明させていただきます!乱文に最後までお付き合いをいただき ありがとうございました。



外装リフォームで
お客様の大切な家屋を保護いたします
フォーシンク出雲

窓まわりリフォームで
毎日の暮らしもっと快適に
MADOショップパートナー フォーシンク出雲

水まわりリフォームで
家屋の価値と性能を向上させて楽しい暮らしを実現しましょう
住宅リフォーム専門店 フォーシンク出雲

この記事を書いたプロ

加藤圭吾

加藤圭吾(かとうけいご)

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ

Share

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ