まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
加藤圭吾

屋根、外壁リフォームのプロ

加藤圭吾(かとうけいご)

株式会社フォーシンク

コラム

「前から気なっては いるけど・・・」外壁の補修が必要な劣化の症状

ご報告

2017年4月22日 / 2017年4月30日更新

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、屋根外壁塗装リフォームを検討するにあたっての重要事項であります「外壁塗装はなぜ必要か?する目的は何か?」についてご報告させていただきました。今回は、そもそもの根本邸な要因になります「外壁の補修が必要な劣化の症状」についてご説明させていただきます。

 築年数を重ねるごとに、外壁には様々な劣化症状が見られるようになります。「色褪せが気になっている」「雨筋汚れが目につく」「ひび割れを放っておいても良いのか不安」「苔を何とかしたい」「10年以上何もメンテナンスをしていないので、いつまで持つのか心配」など、外壁の劣化についてなんらかの不安や心配をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
 そこで今回は、劣化の深刻度別(経過観察・要補修・緊急補修)に、さまざまな劣化の症状をお伝えさせていただきます。そして次回は自分でできる補修とプロに依頼すべき補修のボーダーラインもご紹介させていただきます。外壁の補修をご検討されている方は、ぜひご一読ください。

①劣化の進行具合で補修の必要性を見極める

(1)経過観察でも問題ない症状
★雨筋・埃・排気ガス等による汚れ

 外壁の汚れが気になる程度であれば、今すぐ補修をする必要はありません。ただし、汚れを放置すると建物の劣化を早める原因にもなりますので、年に1~2回程度は掃除をするのがオススメです。家にあるものでも簡単にできるので、汚れが気になっている方は、ぜひトライしてみてください。


★0.3mm以下のひび割れ
 0.3mm以下のひび割れの場合、防水上の問題のない場合がほとんどです。ただし、一度発生したひび割れは進行する可能性がありますので、油断は禁物です。ひび割れが大きくなっていないか、定期的にチェックをしましょう。また、0.3mm以下のひび割れの場合、自分で補修することも可能です。


(2)補修をすべき症状
★0.3mm以上のひび割れ


 0.3mm以上のひび割れが発生している場合、裏面まで貫通している可能性があります。ひび割れが貫通しているということは、つまり、水の浸入経路ができているということ。放っておくと、毛細管現象で水はどんどん建物内部へ浸入していきます。

★色褪せ

 色褪せの原因は、塗膜表面の劣化です。見た目の悪さだけでなく、色褪せがひどいほど、塗料の性能は全く発揮されていません。色褪せが気になりはじめたら、塗り替えを検討しましょう。

★チョーキング(外壁を手で触ると、白い粉状のものが付着する状態)

 チョーキングは、“塗装の膜”による防水効果が失われているサインで、防水効果の失われた壁からは、建物内部へ雨水が染み込んでいきます。

★塗膜の剥がれ

 水分が建物内部に染み込むと、塗膜の膨れ・剥がれが発生します。塗膜が剥がれている箇所では防水機能が全く働いていないため、水分がどんどん建物内部へ浸入してしまいます。

★カビ・苔・藻

 カビや苔・藻は、ある程度、劣化が進行している外壁に発生するため、補修のサインとも捉えられます。また一度発生すると、増殖し続けるため、早めに対処される事をオススメいたします。

★シーリング(コーキング)の割れ

 シーリングは、可塑剤という添加物を加えることで柔軟性を備えていますが、紫外線を浴び続けると、シーリング材に含まれる可塑剤が抜け落ちるため、ひび割れが発生して、建物内部へと雨水が浸入していきます。


(3) 今すぐ緊急で補修すべき症状
★雨漏り

 建物内部にまで水が浸入してしまっている場合、壁内部の断熱材や柱の腐食が進んでいる可能性があります。断熱材に染み込んだ雨水は喘息やアトピー、アレルギー性器管支肺アスペルギルス症(ABPA)、過敏性肺臓炎などを引き起こすこともあるコウジカビ「アスペルギルス」を発生させます。また場合によってはナメクジが発生したり、カビを食料とするダニが大量発生することも。断熱材に溜まった水は簡単には排出されないため、劣化は深刻化する一方です。

★コンクリートの剥離(コンクリートが剥がれて落ちてきている)

 鉄筋コンクリート住宅の場合、劣化が進行すると、コンクリートの剥落が発生します。コンクリートの剥落は、建物内部に入り込んだ水分が鉄筋を腐食した結果、鉄筋が膨張することで起こります。剥落が見られる場合、外壁の劣化はかなり進行している証。すぐに補修する必要があります。また天井のコンクリートが剥落している場合、頭上に落下する可能性があるので注意してください。


以上
「外壁の補修が必要な劣化の症状」について説明をさせていただきました。次回は、「自分で直す?」「プロに依頼する?」 についてご説明させていただきます!乱文に最後までお付き合いをいただき ありがとうございました。







外装リフォームで
お客様の大切な家屋を保護いたします
フォーシンク出雲

窓まわりリフォームで
毎日の暮らしもっと快適に
MADOショップパートナー フォーシンク出雲

水まわりリフォームで
家屋の価値と性能を向上させて楽しい暮らしを実現しましょう
住宅リフォーム専門店 フォーシンク出雲

この記事を書いたプロ

加藤圭吾

加藤圭吾(かとうけいご)

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ

Share

加藤圭吾プロのその他のコンテンツ