まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
藤原広典

知識と経験で確かなアドバイスをする保険のプロ

藤原広典(ふじはらひろのり)

藤原保険事務所(有限会社エフ・アイ・エム)

コラム

生命保険の選び方 ~ 更新型と全期型 ~

2011年11月30日 / 2017年5月18日更新

今回は『更新型と全期型』についてお話いたします。

 『更新型』とは5年、10年、15年くらいで更新がくるもので、その際、保険料(掛金)が上がっていく仕組みとなっています。お客様の中には、更新しても掛金は変わらないと思っていらっしゃる方もいますが、同じ内容で更新した場合、必ず掛金が高くなります。
 
 『全期型』とは、私の契約している内容ですが、医療保険は一生保障が欲しいので、期間を終身にして、払込も終身払いにしています。死亡保障は収入保障保険で子どもが手を離れる頃の60歳までの期間保障をし、60歳まで払込む契約をしています。
 自分が何歳まで保障が欲しいのかということをハッキリとした上で、掛金を払込みます。『更新型』は掛金が高くなっていきますが、『全期型』は上がりません。しかし、更新型の保険より月々の掛金は多少上がります。

 皆さんに注意していただきたいのはこの月々の掛金(目先のこと)だけを比較し、安くなったとおっしゃる方がいますが、保障が欲しい年齢までの総払込保険料(掛金)を比べる必要があることを解っていただく必要があります。

 以上、『更新型と全期型』について簡単な説明でした。
 

この記事を書いたプロ

藤原広典

藤原広典(ふじはらひろのり)

藤原広典プロのその他のコンテンツ

Share

藤原広典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

藤原広典プロのその他のコンテンツ