まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
神垣明治

不動産を中心とした資産コンサルタントのプロ

神垣明治(かみがきあきはる)

有限会社アナベール

コラム

相続基礎講座2 「法定相続分って?」

相続

2016年12月28日

みなさん、こんにちは!

今年も残すところ、あと4日となりました!
今日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか。

有限会社アナベールは明日12月29日から1月4日まで年末年始休業になっております。
本年もありがとうございました!

さて、今回のコラムでは、第2回目の相続基礎講座として「法定相続分」について、ご説明いたします。

法定相続分とは・・・


相続人が複数人いる場合、各相続人が受取る相続財産の持分を「相続分」といいます。
この持分は遺言等で指定することもできますが、遺言がない場合は、相続人同士の話し合いで決めます。
その話し合いの時の基準になるために、民法では法定相続人が受取る相続財産の持分が定められており、この持分のことを「法定相続分」といいます。

各法定相続人の持分は次のように定められています。

1.相続人が配偶者と子供の場合 ・・・ 配偶者1/2、子供1/2
2.相続人が配偶者と父母の場合 ・・・ 配偶者2/3、父母1/3
3.相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合 ・・・ 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4

尚、子供や父母、兄弟姉妹がそれぞれ複数人いる場合は、原則、その持分を均等に分けます。

配偶者の法定相続分


配偶者は、必ず法定相続人になるため、常に法定相続分があります。
下図のように、配偶者だけが相続人の場合は持分は100%ですが、他に相続人がいる場合は、組み合わせにより持分が異なります。



「配偶者」とは、正式な婚姻関係が必要ですので、内縁の夫や、内縁の妻の場合は、法定相続分はありません。
また、正式な婚姻関係がある場合、婚姻期間は関係ありません。

子供の法定相続分


配偶者がいる場合、子供の法定相続分は1/2です。
配偶者がいない場合は、子供が全ての財産を相続することとなります。
子供は複数人いる場合は、この法定相続分(1/2)を原則、均等に分けます。



以前は、認知されている非摘出子の法定相続分は摘出子の半分でしたが、法改正により、認知されている非摘出子も摘出子と同等に法定相続分を持つこととなりました。

父母の法定相続分


父母は、第二順位の法定相続人ですので、子供がいない場合のみ法定相続分があります。
被相続人(亡くなった人)より、先にその子供が亡くなっている場合でも、その子供(被相続人の孫)がいる場合は、その孫が相続人となりますので、父母に法定相続分はありません。



兄弟姉妹の法定相続分


兄弟姉妹は、子供および父母の両方がいない場合のみ法定相続分があります。
父母の場合と同様に、被相続人(亡くなった人)より、先にその子供が亡くなっている場合でも、その子供(被相続人の孫)がいる場合は、その孫が相続人となりますので、兄弟姉妹に法定相続分はありません。



今回の相続基礎講座「法定相続分って?」は以上です。
有限会社アナベールでは、相続手続き・相続対策等、ご相談を承っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

それでは、皆様、よいお年を!

この記事を書いたプロ

神垣明治

神垣明治(かみがきあきはる)

神垣明治プロのその他のコンテンツ

Share

神垣明治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-67-1106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神垣明治

有限会社アナベール

担当神垣明治(かみがきあきはる)

地図・アクセス

神垣明治プロのその他のコンテンツ