まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
神垣明治

不動産を中心とした資産コンサルタントのプロ

神垣明治(かみがきあきはる)

有限会社アナベール

コラム

空家等対策の推進に関する特別措置法について

不動産

2016年9月24日

皆様、こんにちは!

我が社の栗の木は、本格的に収穫シーズンを向かえ、毎日とてもたくさんの栗が収穫されています。
もう秋ですね~。
年々、一年の体感速度が速くなっているような気がしております。笑

さて、今回は前回のコラムの続きで、国が行っている空き家対策についてご紹介します。

空家等対策の推進に関する特別措置法

前回のコラムでもご紹介しましたとおり、現在も「空き家問題」は重要視されていますが、今後ますます空き家の増加が予測されていることから、国策として空き家対策を進める必要性が高まってきました。
そこで、政府は「空家等対策の推進に関する特別措置法」を制定し、平成27年2月26日施行されました。

この特別措置法の概要は、次のとおりです。 

① 市町村による空家等対策計画の策定


② 空家等についての情報収集

・市町村は、管轄区域内にある空家等の所在及び所有者等を把握するための調査を行うことができる。
・市町村は、管轄区域内にある空家等の調査にあたって、固定資産税の情報を内部利用することができる。
・市町村は、管轄区域内にある空家等に関するデータベースの整備を行うよう努めなければならない。

③ 空家等及びその跡地の活用

・市町村は、空家等及びその跡地に関する情報を提供し、活用促進を行う。

④ 特定空家等に対する措置

・特定空家等に対しては、除却(解体)、修繕、立木竹の伐採等の措置の助言又は指導、勧告、命令が可能。
・所有者が一向に改善をしない場合、要件が明確化された行政代執行の方法により強
制執行が可能。

⑤ 財政上の措置及び税制上の措置等

・国及び都道府県は、市町村が行う空家対策に要する費用につき、必要な補助等を行う。
・特定空家等の内、「勧告」の対象となった空家の土地については、固定資産税の減額措置の対象から除外。

用語解説 「空家等」「特定空家等」とは・・・

上記の特別措置法上、「空家等」とは「建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地」と定義されています。
つまりは、概ね年間を通じて誰も住んでおらず、利用もされていない建築物(その敷地を含む)が「空家等」に区分されます。

また、「空家等」の中でも特に状態が悪く、周辺への影響が大きい空き家を「特定空家等」と定義しています。
「特定空家等」の区分は、市町村が以下の4項目に該当するか調査の上、判断されます。
基本的には、単に長期間住んでいないだけで、適切な管理がされている空き家は「特定空家等」の対象にはなりません。

①そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
②そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態


有限会社アナベールでは、空き家の管理、空き家の有効活用方法等のご相談を承っております。
「相続で受け継いだけれども、誰も住んでいない・・・」「住むことはできないけれど、手放したくない・・・」というような空き家に
関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください!

この記事を書いたプロ

神垣明治

神垣明治(かみがきあきはる)

関連するコラム

神垣明治プロのその他のコンテンツ

Share

神垣明治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-67-1106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神垣明治

有限会社アナベール

担当神垣明治(かみがきあきはる)

地図・アクセス

神垣明治プロのその他のコンテンツ