まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
神垣明治

不動産を中心とした資産コンサルタントのプロ

神垣明治(かみがきあきはる)

有限会社アナベール

コラム

空き家問題って?

不動産

2016年9月23日 / 2016年9月24日更新

こんにちは!
台風が多発しており、天候不順が続いておりますね。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですので、皆さん、お身体には十分にお気をつけなさってください!

さて、今回は以前ご紹介しておりました奥出雲町での「空き家問題」に関するセミナーと関連して、「空き家問題」についてご紹介します。

そもそも「空き家問題」って・・・?

昨今、 様々なメディアで「空き家問題」について特集されており、耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。
しかし、「空き家問題=空き家の増加問題」と認識されている方も多いのではないでしょうか。
もちろん、空き家自体の数が増加し続けていることも問題点の一つではありますが、最も問題視されていることは「管理が不十分な空き家が近隣に悪影響を及ぼしている」ということです。

適切な管理がされていない空き家が近隣に与える悪影響は、大きくわけて以下の4項目です。

①景観・衛生環境の悪化

空き家の近隣に住む方からの苦情で最も多いのは、景観・衛生環境の悪化です。
雑草は少し放置していただけで、瞬く間に敷地全体に繁茂し、隣家にまで影響を及ぼす可能性があります。
また、ゴミが不法投棄され、これを放置しておくと、更なるゴミの不法投棄を誘発し、空き家がゴミ屋敷に変貌してしまうおそれがあります。

②治安の悪化

管理がされず、人の目が行き届いていない空き家は、不審者の侵入を容易にし、不審者のたまり場となるおそれが
あり、地域全体の治安悪化の原因のひとつとなります。

③放火による火災

日本全国の火事の出火原因の一位は「放火」という調査結果が出ています。
前述のとおり、長年放置されている空き家では、人の目が行き届いていないため、不審者が容易に侵入しやすい環境にあります。
そのため、放置された空き家は、不審者が放火事件を起こすなど、犯罪の温床となる可能性があります。

④倒壊の危険性

定期的な通風換気を行っていない建物は、急速に老朽化が進み、地震、台風、積雪などによって倒壊する危険性
が高まります。
なお、空き家が倒壊した際に、建物の建材などが近隣者や通行人に衝突し、怪我を負わせてしまった場合には、所有者は被害者に対して損害賠償義務(土地工作物設置責任)を負う可能性がありますので、注意が必要です。

以上のように、適切な管理を行われていない空き家により損害を受けるのは、多くの場合が所有者ではなく、近隣住民です。
空き家の放置は所有者だけの問題ではなく、その地域全体に影響を及ぼすということを理解し、適切な管理・対策をするよう努めなくてはなりません。

次回は国策として行っている「空き家問題」の対策についてご紹介いたします。

この記事を書いたプロ

神垣明治

神垣明治(かみがきあきはる)

神垣明治プロのその他のコンテンツ

Share

神垣明治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0852-67-1106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神垣明治

有限会社アナベール

担当神垣明治(かみがきあきはる)

地図・アクセス

神垣明治プロのその他のコンテンツ