マイベストプロ滋賀

コラム

面談の時に必ずおさえておきたい2つのポイント

2020年9月2日

テーマ:人事制度

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 人事評価制度人材育成 研修



定期的な面談は人事制度において、業績向上と人材育成、従業員のモチベーション、上司と部下のコミュニケーションなどにとても効果的です。
さらにその効果をあげるために必要な面談のポイントのうち最も重要な2つをお伝えします。
人事制度の運用において定期的な面談は、業績向上と人材育成、従業員のモチベーション、上司と部下のコミュニケーションなどにとても効果的です。
ここでは、さらにその効果をあげるために必要な面談のポイントのうち最も重要な2つをお伝えします。

主役は被面談者

面談時間中、ほとんど上司が話しているといったことはないでしょうか。
面談の主役は被面談者、つまり部下です。
全体の話す比率に気をつけましょう。
面談は上司が自分のいいたいことを伝える場ではありません。
部下から言葉を引き出す工夫をしましょう。
そのために、コーチングのスキルを習得することをおすすめします。

「事実」について話す

「君はやる気がない」
「君には危機感が感じられない」
「もっと責任をもて」
このような言葉を発していませんか?

このように、部下の印象や人間性に関する言葉を発しても、お互いの基準が違うので不毛に終わります。
「やる気」、「危機感」、「責任」、いずれも具体的に何をさしているのかあいまいです。

しかし、上司が部下に対してこのように感じること自体は多くの場合間違ってはいません。
大切なのは「なぜやる気が感じられないのか」です。
そう感じる理由を部下の行動など、事実から探してみましょう。

たとえば、報告書の提出遅れが多いからそう感じたのかもしれません。
そうであれば、その事実を伝えればいいのです。
ポイントはその事実は第3者が見ても判断できるものかどうかです。

以上、面談で必ずおさえておきたい2つのポイントをお伝えしました。
他にも大切なポイントはたくさんありますが、まずはこの2つをやってみてください。

この記事を書いたプロ

内野学

組織開発と人材育成のプロ

内野学(合同会社傍楽(はたらく))

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

内野学プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0748-36-3063

 

併設の社会保険労務士事務所インサイドフィールドと共用番号となっております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内野学

合同会社傍楽(はたらく)

担当内野学(うちのまなぶ)

地図・アクセス

内野学のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-09-26
youtube
YouTube
2020-09-24
instagram
Instagram
facebook
Facebook

内野学プロのコンテンツ