まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ滋賀
厨子浩二

家づくりのプロ

厨子浩二(ずしこうじ)

株式会社フィックスホーム

厨子浩二プロのコラム一覧:失敗しない家づくり

☆トラブル発生時の対応方法☆http://blog.with2.net/link.php?1624840クリックしていただけたら嬉しいです♪素晴らしい家が出来たとしても、しばらくすると不具合が出てくるということは考えられます。引渡し直後は気づかなかったのに、床鳴りする部分が出てきたとか、...

☆「建て前」のもてなしで、家の出来が変わる?☆一般に「建て前」というと、「あの人は本音と建て前が違う」などという具合に使われ、言動が一致していない事を表します。本来は、「建て前」というのは家屋の建築用語で、柱や梁などの主な骨組みを組み立てることを言います。その...

☆ワクワクドキドキのご近所のあいさつ回り☆どんなに素晴らしい家も、ご近所づきあいが上手くいかずに、ご家族が幸せな生活を送ることが出来なければ台無しです。そのためにも、ご近所の方とは何とか仲良くやっていかなければなりません。住宅の新築というのは、さほど長い期間では...

☆ミスの原因の90%は確認後の変更?☆さて、いよいよ出来上がった図面を最終確認したら、その図面をもとに建築確認などの許認可の申請、材料や職人の手配、工程の段取りなどが始まっていきます。つまり、それ以降は変更したい部分があっても変更できなかったり、出来たとしても費用...

☆なぜ、追加工事の費用が膨らむのか?☆さて、打ち合わせを進めていく段階で注意することは他にもあります。いろんな色決めなどを進めていくと、追加工事が発生することがあります。その時に、あなたが言うセリフはたいてい、 「せっかくだから・・・」 「一生に一度だから・・・」...

さて、値引きも考慮に含めた考慮も完了し、いよいよ運命の業者との契約の段階になりました。家の契約って具体的に何をするのかと言うと、契約書を読み合わせ、内容について確認し、お互いが署名・捺印します。言葉で言うのは簡単ですが、実際はかなり大変です。まず、「建築工事請...

では、5つ目の質問をしてみましょう。質問5「あなた自身はどんな家に住んでいるんですか?」私が日ごろからおかしいなぁ、と思っていることがあります。それはこの住宅業界には、こんな不思議な人たちが普通に仕事をしていることです。少しだけ紹介します。☆自分は会社から用意し...

☆同じ会社の見学会へ何度も行く理由とは!?☆何度も見学会に行く理由って何でしょうか?あなたも初めて行く見学会では、緊張するかもしれないし、実際は上手く聞きだせないかもしれません。でもご安心ください。緊張するのは最初だけです。また、案内してくれる担当者によって知...

さて、では住宅会社に名前を知られると恐ろしい事が待っている?の後編をお伝えいたします。ご経験があるかもしれませんが、よっぽど暇なのか、それと他にセールスポイントがないのかはわかりませんが、とにかく頻繁にやってきます。ただ、これだけで「熱心だ」「信頼できそうだ...

「家づくりで失敗したくなければ、現場見学会訪問は欠かせない」住宅展示場はいつでも見ることができます。土曜日・日曜日・祝日は当たり前、お盆休みもお正月も営業しています。だから、家の値段がどんどん高くなるという人もいます。しかし、現場見学会はそういうわけにはいきませ...

「住宅展示場か現場見学会か、どっちに行くべきか?」さて、あなたが家づくりを考えだしたとして、住宅展示場と現場見学会と、どっちに行くべきでしょうか?結論から言うと、目的に応じて使い分けてください。あなたがその会社の「何を見たいのか?」「何を知りたいのか?」に...

さて総予算が確定すれば次に何をするのか?実は、この段階で〇〇家の「家づくり」はすでに63%は成功しているのです。「えーっ。まだ何もしてないけど・・・」と思われる方もいるかもしれません。そんなことはありません。思い返してみましょう。これまでの家族会議によってご家族...

「金融機関の言うことを盲目的に信じてはいけない!」いったいどういうことでしょう?あなたが住宅ローンを組む際、金融機関が金利を優遇するための条件としている、その家の給料振り込みをはじめ、公共料金などの自動引き落としまでほとんど集めることができます。その結果として、銀行...

☆終の棲家にするにはどんな家がいいのか?☆「終の住み家にするには・・・?」こだわりの家か?それともシンプルな家か?まずは、こだわりの家についてのデメリットの話です。いくら売りやすくすると言っても、自分だけのこだわった設計を我慢するなんて嫌だなぁと思われた方もいることで...

☆日本の中古住宅市場の現実☆「中古住宅の現実とは!?」地域性もあるので、一概には言えませんが、「新築をあきらめた方が、中古住宅を購入する」というのが現実だと思います。そして、そういう方たちが最も心配しているのが、中古で買ったこの家は終の住み家として最後まできちんと住め...

厨子浩二プロのその他のコンテンツ

Share

厨子浩二のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-25
google-plus
Google+
facebook
Facebook

厨子浩二プロのその他のコンテンツ