まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ滋賀
厨子浩二

家づくりのプロ

厨子浩二(ずしこうじ)

株式会社フィックスホーム

コラム

「金融機関の言うことを盲目的に信じてはいけない!」

住宅ローン

2012年10月12日 / 2014年7月3日更新

「金融機関の言うことを盲目的に信じてはいけない!」

いったいどういうことでしょう?

あなたが住宅ローンを組む際、金融機関が金利を優遇する

ための条件としている、その家の給料振り込みをはじめ、

公共料金などの自動引き落としまでほとんど集めることができます。


その結果として、銀行はその家の家計全般を

たいてい牛耳ることができます。







簡単に言うと、住宅ローンを貸すことで、その家のお財布

すべてを握ることができるわけです。

つまり、お客様の囲い込みが出来てしまうのです。

教育ローン、車のローンなどの需要があるときにも

その金融機関に行くわけです。


巧みですよね!







「本当ですか?いくらなんでもそれは考え過ぎじゃない?」と

思う方も多いかもしれません。


しかし、良く考えてみてください。

10年前、銀行は毎週土日はお休みでしたよね。

今はどうでしょうか?

ローンプラザとかローンセンターという名で個人のお客様向けの

相談窓口を設け、ほとんどの金融機関が土日のみならず祝日までも

営業しています。

それだけ儲かるからです。だからそこまでするのです。


私の会社にもたくさんの金融機関の方が営業に来ます。

「家を建てるお客様に是非私どもの住宅ローンをお勧めください」と。


もちろん、ほとんどの人は現金で家を建てることは出来ませんから、

「住宅ローン」は必要とされているものです。


現金を貯めてからでなければ家を建てられないとすれば、

本当に家が必要な子育ての時期にほとんどの方は家を持つ

ことなんてできません。







そういう意味では、住宅ローンは社会的に見ても、

とても意義のある商品だと思います。


ただ、私が皆さんに言いたいのは、盲目的に金融機関の言うことを

信じてはいけないということです。


金融機関はボランティアであなたにお金を貸すわけではありません。

「利益が出るから貸すのです」

「儲かるから貸しているだけなのです」

信じられないかもしれませんが、金融機関があなたを本当に

優良なお客様だと判断すると、競合の金融機関があれば

多少は金利の交渉だって出来る可能性もあるのです。


一流デパートでブランド物のバッグを「値引きして!」と

交渉するのは恥ずかしいことかもしれませんが、金融機関で

「金利を低くして!」と交渉するのは、今では決して恥ずかしい

ことでも非常識なことでもないのです。







どこで住宅ローンを借りるのか?を決めるのはあなたです。

あなたにとって一番いい条件を提示してくれる金融機関を

選べばいいのです。


次回は、「貸してもらう」から「借りてあげる」へ

についてお伝えいたします。



「後悔したくない家づくり」をしたい方はこちら
http://www.amazon.co.jp/厨子-浩
二/e/B0057UL1MO/ref=ntt_athr_dp_pel_1

高卒の一級建築士の「叶わない夢はない!」ブログはこちら
http://www.fixhome.jp/staffblog/zushi/

現役慶応ボーイの社長の滋賀咲くブログはこちら
http://kojizushi.shiga-saku.net/

プロが教える「買ってはいけない家」ブログはこちら
http://sinsho.shiga-saku.net/

フィックスホームのフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/fixhome.jp

500組を超えるご家族の家づくり成功実例はこちら
http://www.fixhome.jp/case/09.html

滋賀の湖南地域の無料土地情報宅配便はこちら
http://www.fixhome.jp/request/index.html

失敗しない為の家づくりメールセミナーはこちら(完全無料)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=88933

この記事を書いたプロ

厨子浩二

厨子浩二(ずしこうじ)

厨子浩二プロのその他のコンテンツ

Share

厨子浩二プロのその他のコンテンツ