まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ滋賀
厨子浩二

家づくりのプロ

厨子浩二(ずしこうじ)

株式会社フィックスホーム

コラム

「住宅ローンほど安全で儲かる商品はない!」

住宅ローン

2012年10月8日 / 2014年7月3日更新

「住宅ローンほど安全で儲かる商品はない!」

そもそも金融機関はあなたの味方なんでしょうか?

金融機関はお役所ではありません。民間の企業です。

当然ですが、利益を出さないと潰れてしまいます。

では金融機関はどうやって利益を出していますか?







ごめんなさい。決してバカにしているわけではありません。

ちょっと冷静に考えてみて頂きたかったので、こんな質問をしてみました。


金融機関と言うのは、最近でこそ、証券会社のように投資信託を

販売したり、保険会社の代理店のように損害保険なども扱っていたりしますが、

基本的にはお金を貸してその対価である利子を得ることで利益を出しています。

ここまではよろしいですね。


ところで、今、金融機関が最もお金を融資したい先はどこだと思いますか?


企業ではありません。

事業用の資金ではないのです。

皆さんのような個人なのです。







しかも、「住宅ローン」です。

理由はいたって簡単。

「住宅ローンほど安全で儲かる商品はほかにないから」です。


一般的に企業に融資する場合には、その企業が業績が悪くなってしまったり、

不祥事を起こしてしまったりして倒産してしまうかもしれません。

するとお金を融資したまま返済してもらえない、回収できない可能性があるからです。


特に時代の変化の早い現代では、ついこの前まで優良企業ともてはやされていた

会社の不祥事が発覚したり、経営が急激に悪化してしまったり、こういった事は

皆さんにも新聞やテレビのニュースでほぼ毎日のようにご覧になっているのでは

ないでしょうか?


こういう可能性を金融機関では「リスク」と呼びます。


一般的に「リスク」が低ければ低いほど「リターン」、つまり「儲け」も低く、

こういう状態を「ローリスクローリターン」と言います。


そして、「リスク」が高ければ高いほど「儲け」も大きくなります。

こういう状態を「ハイリスクハイリターン」などと言います。


株や投資をされる方はきっとご存知の言葉でしょう。







一般的に住宅ローンは企業に融資するのと比べると、このリスクが極めて

低いのです。


担保となる土地・建物もしっかり第一抵当権で押さえられてしまうので、

いざというときには、「競売」にかけられて、現金化して回収することができます。


つまり、返済が滞ってくれば、家が金融機関に勝手に売られるということ

なのです。

次回は、もう少し突っ込んだ話をさせていただきます。

「住宅ローンは命と引き換え?」についてお伝えいたします。



「後悔したくない家づくり」をしたい方はこちら
http://www.amazon.co.jp/厨子-浩
二/e/B0057UL1MO/ref=ntt_athr_dp_pel_1

高卒の一級建築士の「叶わない夢はない!」ブログはこちら
http://www.fixhome.jp/staffblog/zushi/

現役慶応ボーイの社長の滋賀咲くブログはこちら
http://kojizushi.shiga-saku.net/

プロが教える「買ってはいけない家」ブログはこちら
http://sinsho.shiga-saku.net/

フィックスホームのフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/fixhome.jp

500組を超えるご家族の家づくり成功実例はこちら
http://www.fixhome.jp/case/09.html

滋賀の湖南地域の無料土地情報宅配便はこちら
http://www.fixhome.jp/request/index.html

失敗しない為の家づくりメールセミナーはこちら(完全無料)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=88933

この記事を書いたプロ

厨子浩二

厨子浩二(ずしこうじ)

厨子浩二プロのその他のコンテンツ

Share

厨子浩二プロのその他のコンテンツ