まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ滋賀
厨子浩二

家づくりのプロ

厨子浩二(ずしこうじ)

株式会社フィックスホーム

コラム

「あなたは75歳まで住宅ローンを払いますか?」

「プロが教える、買ってはいけない家」

2012年4月6日 / 2014年7月3日更新

「あなたは75歳まで住宅ローンを払いますか?」

「無理なく返済できる金額」が決まると、あなたは住宅ローンに
関しての他の条件も決めなければいけません。

条件とは・・・?

①返済年数を何年にするのか?

②ボーナス返済を利用するのか?

大切なのはこの二つです。

その中でも、私が特にお客様に気を付けていただくようにしているのが
①です。

なぜかというと、本当に驚いてしまうのですが、例えば、
40歳の方に35年間の住宅ローンを平気で進める住宅会社、
そして、金融機関がたくさんあるのです。





彼らは、あなたに「貸してやるから、75歳まで返済しろ」と
言うつもりなのでしょうか?

そして、そんな融資をさせる、そのときのセリフはいつも
決まってワンパターンです。

「退職金で一括返済すれば大丈夫ですよ」と言うのです。

実に、無責任極まりまりない話です。
建てさせてしまえば、借入させてしまえば、後は野となれ
山となれ、その後のことは自分たちには関係ない、
という考え方なのでしょうか?

基本的に退職金は老後の生活費です。






これから先、年金だってどうなるかよくわからないのに・・・。
老後の生活資金が足りなさそうだからと、個人年金を準備し始めている
時代です。

もちろん例外もありますよ。
払い終わるまでの期間に相続が発生する可能性が高く、それを
充てにすることができるとか、ご子息が家を継ぐことがきちんと決まっていて
返済も途中で継いでくれるとか・・・。

しかし、基本的に返済年数は定年を超えないように設定しましょう!

40歳の方で定年が60最だとしたら、返済期間は20年までというのが
基本です。
これは健全な資金計画の大前提です。
必ず覚えておいてください!

それから、②のボーナス返済については、いろんな本などで
「基本的には充てにするな」と書いてあります。
私もそれについて異論はありません。

公務員の方などで、ある程度安定した賞与を見込める方なら
多少あてにしてもいいかもしれませんが・・・。





バブルがはじけたときに、ボーナスや残業代を当てにして住宅ローンを組んだ
多くの人が家を手放さざるを得ない状況に陥ってしまったのは、そんなに
昔のことではありません。

むしろ、今の時代の方が厳しいかもしれません。





長期間の返済の途中では何が起こるかわかりません。
決して過去に犯した人と同じ過ちを繰り返さないでください。

出来れば、ボーナスはもしあったとしても、いくらかは家族のための
趣味やレジャーなどに少しだけ利用して、残りは、繰り上げ返済用に
貯蓄しておくのが得策でしょう!





子供がまだ小さな間であれば、教育費にかかるお金もまだ少ないですし、
これが子供が大きくなれば、そういうわけにもいきません。

出来るだけ、家を建ててから早い時期に少しでも繰り上げ返済を
することをお勧めします。

次回は、「いくら借りられるか」ではなく「いくらなら返せるか」が大事!
についてお伝えいたします。

現役慶応ボーイの社長の滋賀咲くブログはこちら
http://kojizushi.shiga-saku.net/

フィックスホームのフェイスブックページはこちら
ttps://www.facebook.com/home.php#!/fixhome.jp

お陰様で500棟を超えました!!施工事例はこちら
http://www.fixhome.jp/case/09.html

滋賀の湖南地域の無料土地情報宅配便はこちら
http://www.fixhome.jp/request/index.html

失敗しない為の家づくりメールセミナーはこちら(完全無料)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=88933

家づくりにお役に立つ、お得な情報が満載の小冊子プレゼントはこちら
http://www.fixhome.jp/catalog/index.html

この記事を書いたプロ

厨子浩二

厨子浩二(ずしこうじ)

厨子浩二プロのその他のコンテンツ

Share

厨子浩二プロのその他のコンテンツ