まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ滋賀
栗栖佳子

ビジネスコーチのプロ

栗栖佳子(くりすよしこ)

株式会社宙(sora)

コラム

ご存知ですか?「アンガーマネジメント」

「アンガーマネジメント」という言葉をご存知でしょうか?
1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)ための心理教育です。

私自身も以前から「怒り」の感情の根っこの部分「メカニズム」について学びたいと考えていましたので、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会でそのチャンスを得てファシリテーターの資格を取得いたしました。
詳細は、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会のHPをぜひご覧ください。http://www.angermanagement.co.jp/

そこで、すぐに役立つ「アンガーマネジメント」について、簡単にご紹介させていただきます。
最近、特に「怒り」の感情がコントロールできないことが原因で、痛ましい事件が相次いで報道されています。
どうしてこうなってしまったのでしょう・・・

その背景に、日本では、こどものころから「感情教育」を受けていない・・・ということが考えられます。

コーチングのコミュニケーション講座でも取り上げていることですが、「自己流のコミュニケーション」をいかに周りの人と合わせるか・・・ということにフォーカスを当てすぎていて、そもそも根幹となる「感情のメカニズム」「感情教育」について学んでいないということが落とし穴になっているのです。

私たちは感情について学んでこなかったのです。

アメリカでは、こどもたちをはじめ、ビジネスパーソン、政治家、弁護士、医師、スポーツ選手や俳優など、職業にとらわれず様々な人がより良い生活、人間関係を手にするためにその技術、アンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)ための心理教育を習得して「アンガーマネジメント」をしています。

その目的は・・・

■人間関係でトラブルにならないように
■子育てで不必要にイライラしないために
■職場でイライラせずに効率的に仕事をするために
■学校で子どもたちの情操教育の一環として
■弁護士、医師などのストレスの高い仕事の人はストレス対策として
■経営者は、怒りにまかせた行動で信頼を失わないため、部下のマネジメントのため
■スポーツ選手は、試合中に頭を冷静に保ち、最高のパフォーマンスを発揮するため
■政治家は、怒りで失態をおこしたり、醜態をさらさないため

上に挙げた例では、ごく一部にすぎません。怒りの原因というものは人により様々です。
怒っているのは分かるけれど、本当の根本にある自分の怒りの原因、問題はなんなのだろう?

その感情がなんなのか?自分の怒りが起こる原因は一体どこからなのでしょう?
怒りの根本には、実は様々な感情が隠されています。

アンガーマネジメントを学ぶ事で、自分自身の怒りを理解し、コントロールしたり、癒したり、ポジティブなものへ変換させたり、自分の中でたくさんの変化が生まれます。
感情がさらに豊かになり、職場での問題解決や、夫婦や友人、人間関係全般、自分の周りに関係するあらゆる物事に良い循環が生まれます。

「自分のイライラした感情をなんとかしたい」または、「怒りの感情とうまく付き合って良い方向に物事をもっていきたい」とお考えの方に、アンガーマネジメントは必ず役立ちます!!

特に組織のリーダーや人を育てる立場の人には是非学んで身に着けて頂きたいスキルです。

以上、簡単にご紹介をさせていただきました。
今後はコミュニケーション講座やセミナーの中でもアンガーマネジメントについてご紹介をさせていただきますが、
もっと詳しく知りたい!学びたい!という方はどうぞご遠慮なくお問い合わせください。
そしてご一緒にアンガーマネジメントを学び「怒りの連鎖」を断ち切る人になりませんか?
皆様からのご連絡をお待ちしています!
http://kurisu-sora.com

セミナー・講演について

最新のセミナーの開催状況や講演実績についてはこちらをご覧ください

この記事を書いたプロ

栗栖佳子

栗栖佳子(くりすよしこ)

栗栖佳子プロのその他のコンテンツ

Share