まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
湯澤裕至

障害年金の相談から受給までフルサポートする社労士

湯澤裕至(ゆざわやすし)

サポート 障害年金相談室

お電話での
お問い合わせ
090-8432-5603

コラム

ガンの初診日と障害年金

2018年11月6日

障害年金を受けるためには、3つの要件を満たしている事が必要です。

重要な要件① 初診日はいつか?


障害年金の重要な要件に『初診日』と言うものがあります。

『初診日』とは、「障害の原因となった傷病につき、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日をいう」と規定されています。

勘違いしやすいのは、「初めてガンと診断された日」ではありません。

例えば、咳が止まらないので、家の近くの病院に行ったら気管支炎と診断された。

しかし、薬を処方されたものの、一向に咳が止まらない。

そのため、大きな大学病院で診てもらったところ、肺ガンだった。という事例。

この場合の初診日は、肺がんと診断された大学病院ではなく、肺がんなのに気管支炎と、いわば、誤診した家の近くの病院が初診日になります。

又、例えば、胃の調子が悪く、近所の病院に診てもらったが、設備の整った大学病院で診てもらった方が良いと言わた。

そのため、大学病院での精密検査を受けたところ、胃ガンと診断された事例。

この場合の初診日は、胃ガンと診断された大学病院ではなく、病気が特定できなかった近所の病院が初診日となります。

年金事務所に相談に行くと、誤診された病気や特定できなかった病気が、ガンと同一の病気である場合は、大学病院で診てもらった日が初診日ではなく、家の近くの病院が初診日であると指摘されてしまいます。

初診日を証明する障害年金独自の書類があります。

『受診状況等証明書』と言います。

この書類を初診日の病院で作成してもらうのですが、料金がかかります。

3000円くらいかかります。

上記の場合、大学病院が初診日と思って、3000円かけて受診状況等証明書を作成してもらったところ、初診日は、近所の病院になりますから、こちらで作成してもらってください、と年金事務所で言われてしまいます。

取り直さなければなりませんので、2倍の出費になってしまいます。

また、こう言う事例があります。

聞き取りの過程で、初診日はA病院と聞いていたので、A病院で受診状況等証明書を作成してもらったところ、その書類に、A病院にかかる前に、どこか別の病院にかかっていた旨の記載がある事があります。

年金事務所は、A病院の前にかかった病院が初診日になると言ってきますので、2倍の出費と労力を使うことになります。

そのため、初診日は、慎重に考える必要があります。

では、なぜ、初診日が重要なのか?

重要な要件② 保険料納付のチェック


日本の年金制度は社会保険のシステムを取っています。

保険料を出し合って、もしもの時に備えています。

そもため、規定以上、保険料を納めていないと、いくら障害年金を受けることができる状態にあっても、障害年金は受けられません。

その規定とは、まず、初診日の前の直近1年間に保険料の納め忘れがないことです。

もし、その1年の間に納め忘れがある場合は、初診日の前の全期間のうち、3分の2以上納めている事が必要になります。

保険料の納付は、『初診日の前に』に納めている事が重要になります。

初診日の前の直近1年間に未納があったため、初診日の前の全期間を調べたのだが、3分の2以上納付していなかったとします。

それなら、その分、今から納めますと言ってもダメなのです。

あくまでも、初診日の前に納めていなければなりません。

同じ程度の障害にあるにもかかわらず、受けられる人と受けられない人がいます。

私としましては、これhとても厳しいペナルティーと思います。

保険料の納め忘れは、国民年金で発生します。

厚生年金や共済年金の保険料は、給料から天引きされますので、納め忘れは起こりません。

国民年金に加入した場合、保険料を納めるのが厳しい場合、保険料免除と言う制度を利用してください。

同じ納めていない状態でも、免除の場合は、納付した場合と同じ様にカウントされます。

重要な要件③ 初診日に加入していた制度から受ける


初診日に、国民年金に加入していたのか、厚生年金に加入していたのか、共済年金に加入していたのかで、支給される制度が違います。

国民年金にじ加入していた場合と厚生年金又は共済年金に加入していた場合に大きな違いがあります。

違いとは、受給する金額です。

【国民年金】

国民年金の障害年金は、定額です。

国民年金の等級は、1級と2級の2つです。


【2級】年額779,300円

これは、国民年金の保険料を20歳から60歳までの40年間、みっちり納めた場合の老齢年金の額と同額です。

満額と言いますが、障害年金2級は、老齢年金の満額が保障されます。

又、お子さんがいると加算が付きます。

子1人目 +224,300円
子2人目 更に+224,300円
子3人目以降 更に更に+74,800円

子とは、

①18歳の年度末(3月31日)までです。イメージとしては、高校を卒業するまでを子とします。

及び、障害年金の1級又は2級に該当する20歳未満も子として扱います。


【1級】年賀974,125円

2級の1.25倍の額です。

子の加算は、1.25倍にはなりません。

【厚生年金】

厚生年金の額は、給料や加入期間によって計算されます。

そのため、人それぞれになります。

厚生年金の等級は、1級・2級・3級の3つです。

1級又は2級に該当する場合、妻がいると加算が付きます。

年額224,300円です。

更に、1級又は2級に該当する場合は、上記の国民年金も支給され、子がいる場合、加算が付きます。

共済年金は、厚生年金に準じています。

障害年金の手続きは、『初診日』を特定することから始まります。

初診日が、特定できなければ、障害年金を受けることができません。

初診日が、これくらい重要な要件であることを覚えておいてください。

無料でご相談を承ります。


初診日をどう証明すればよいのか、保険料納付は大丈夫なのか、無料でご相談しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

湯澤裕至

湯澤裕至(ゆざわやすし)

湯澤裕至プロのその他のコンテンツ

Share

湯澤裕至プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8432-5603

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

湯澤裕至

サポート 障害年金相談室

担当湯澤裕至(ゆざわやすし)

地図・アクセス

湯澤裕至プロのその他のコンテンツ