まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中澤秀樹

職場の問題・仕事の悩み専門の心理カウンセラー

中澤秀樹(なかざわひでき)

サプリーム・ブリス・リサーチ(SBR)

お電話での
お問い合わせ
090-3092-6574

コラム

休職の勧め(私が出会ったクライエント(ファイルNo.345)

Y.Mさんは39才になる既婚者で職業はS.Eです。妻とお子さん二人の四人家族。大学の工学部を卒業後、現在勤める会社に入社されました。今年になって同期の二人が相次いで課長に昇格し、けれどご自分の気持ちとして、それをうらやましく思うことなく、また、今の仕事(S.Eの実務担当)を続ける意欲があるわけでもなく、どちらかと云うとただ仕事があるために流されてきた感じを持たれていたそうです。Y.MさんのいるI.T業界は競争が激しいためPJの締め切り(納期)が厳しく、そのために終盤になると週末の土日は出勤、平日も帰宅が午前様か場合によっては徹夜で会社にとどまることも当たり前と習慣化されていたようです。今年、8月の下旬になり、頭痛と吐き気が継続してY.Mさんを襲うようになりました。しばらくは無理をして(気にせず)仕事に行っていましたが、頭痛による集中力低下からかミスをするようになり、同期で昇格した課長から叱責を受けるようになったそうです。産業医の面談をすすめられ受けたところ「しばらくの休職」を提案されたそうです。カウンセリングで伺うと、大学の工学部への選択は技術者である父の勧めで、卒業後の会社選択もやりたいことがないなかでの消去法により現職を決めたと振り返りをされました。休職についてのお考えを伺うと「妻の手前、言いにくい。今のPjをやりかけて休むと皆に迷惑が掛かる。私しか分からない仕事内容があり人に頼めそうにない。別になりたいわけではないが同僚に遅れを取った昇格からさらに遅れてしまうような気がする」などなど気になる、心配事が開示されました。
カウンセラーとしては現在から今後を考える前に、Y.Mさんの今の価値観を大切にしながら、ここで一度仕事を含めた人生の棚卸をしていただき、今後のキャリアプランの再検討をご提案しているところです。Y.Mさんいとっての仕事とは?家族とは?生きがいとは?など再検討する機会を持てるのも休職のメリットです。継続した体調不良は体が休職を望む合図と思われます。

あなたは仕事で行き詰り、これからを悩んでいませんか? どうぞ、お悩みをお聞かせください。

休職に入られた時の心身の過ごし方のお勧め

この記事を書いたプロ

中澤秀樹

中澤秀樹(なかざわひでき)

中澤秀樹プロのその他のコンテンツ

Share

中澤秀樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-3092-6574

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中澤秀樹

サプリーム・ブリス・リサーチ(SBR)

担当中澤秀樹(なかざわひでき)

地図・アクセス

中澤秀樹プロのその他のコンテンツ