マイベストプロ埼玉
篠原雅之

世代を超えて長く付き合える、いつでも相談できる石材店

篠原雅之(しのはらまさゆき)

篠原石材工業有限会社

コラム

お墓参りのお供え物、その後どうしていますか?

2019年10月5日

テーマ:お墓参り

こんにちは。草加市・足立区で仕事をしている石材店、篠原石材の篠原です。

秋のお彼岸も終わり、暑さも落ち着いてくる頃ですね。

前々回のコラムで秋分の日は「お墓参りの日」ですとご紹介しましたが、皆さんお墓参りには行かれましたか?

今年は台風の影響もあり、お彼岸の中日である秋分の日以外にもたくさんの方がお参りに来ていたように感じられました。

お彼岸も空けたここ何日か、墓地に行くとたくさんお供えのお花があがっています。

皆さんお墓のお掃除をして、故人を偲びながらお参りしていただいているのは、お墓に携わる仕事をしている身としては、とても嬉しく思います。



そんな中、石屋という立場からすると「ちょっとこれは・・・」と思うことがあります。

それは墓前に供える「お供え物」です。

お供え物の何が気になるか


お供え物をするのは普通のことですし、もちろん、故人の好きだったものをお供えするのはとても良いことだと思います。

しかし、そのお供えの仕方を考えないと、ということです。

例えば

・お酒やジュースの栓を開けたままお供えされている
・おはぎなどのお菓子がお供えされている
・果物がお供えされている

などのことが挙げられます。


お供えするのは構いませんが、そのお供えをそのままにして帰ってしまうと・・・



暑さで飲み物が出てきたり、食べ物はカラスに荒らされたりしてしまいます。

また、食べ物でも飲み物でもたいてい好ましくない虫が寄ってきます。

ここでご紹介する都合上、あまりひどくない写真を載せていますが、実際はもっとひどい状態になってしまっているものもあります。


こうなってしまうと、お墓の石に良くない影響があるどころの話ではなく、お墓が汚れてしまい、周囲のお墓にも汚れや匂いが付いてしまいます。

ではどうすれば良いか?



それはとてもシンプルに「お参りが終わったら持ち帰る」、これに尽きます。

食べ物でも飲み物でも、その場で栓や包装は開けなくても、お供えの気持ちは十分故人に届いています。

あるお寺の住職は「お供えしたものには仏様の功徳があるので、その功徳をお参りした人で分け合いましょう」というお話をよくされています。





お菓子などはお参りが終わったらその場で食べても結構ですし、お酒なら持ち帰って飲むなどしても良いと思います。

せっかくきれいにしたお墓が、数日後に汚れてしまったらとても残念だと思います。

ですので、お参りの後は「お供え物を持ち帰る」ということを作法の一つとして、お墓参りをしていただければと思います。

そうすれば皆さんがより良い気持ちでお墓参りをすることが出来るようになるはずです。

 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
東京都足立区・埼玉県草加市でお墓のことなら
      親身な対応・丁寧な施工の石材店
篠原石材工業有限会社 http://shinoharasekizai.com/

三代目 「匠のブログ」も更新中です!
         http://shinoharasekizai.com/blog/

この記事を書いたプロ

篠原雅之

世代を超えて長く付き合える、いつでも相談できる石材店

篠原雅之(篠原石材工業有限会社)

Share
関連するコラム

篠原雅之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-928-6652

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

篠原雅之

篠原石材工業有限会社

担当篠原雅之(しのはらまさゆき)

地図・アクセス

篠原雅之プロのコンテンツ