マイベストプロ埼玉
篠原雅之

世代を超えて長く付き合える、いつでも相談できる石材店

篠原雅之(しのはらまさゆき)

篠原石材工業有限会社

コラム

どんな墓地にお墓を建てますか? ~②民営霊園~

2019年4月13日

テーマ:お墓を建てる時に

こんにちは。草加市・足立区を中心に仕事をしている石材店、篠原石材の篠原です。

お墓を建てる流れとポイントをご説明しており、今回は「どんな墓地にお墓を建てますか?」の二つ目の選択肢、「②民営霊園」についてご紹介します。


これまでの記事は下のリンクからどうぞ。

どこにお墓を建てますか?
どんな墓地にお墓を建てますか? ~①公営霊園~ 


選択肢をご紹介してそのメリットとデメリットを記載していますが、「明らかにデメリットの方が記述が多い」とのご意見を頂きました(笑)


見返すと確かにそうです・・・


が、お墓を建てた後で「そんなの知らなかった!」「こんなはずじゃなかった!」といった後悔がなくなるように、このコラムが少しでもその助けになればと思って書いています。


デメリットを知らなかった人よりも、知ってたけど考えた結果メリットの方が大きかったと思って決めた人の方が後悔はずっと少なくなるはずです。


といことで、当コラムではメリットは少なめに、デメリットをちょっと多めに書いていきます(笑)

読む方も気分は乗らないかもしれませんが、大事なことだと思って読んでいただければ幸いです。


民営霊園とは?

さて、前置きが長くなりましたが民営霊園についてご紹介していきます!

民営霊園とはその名の通り、公益法人(宗教法人や財団法人など)が許可を受けて管理・運営している墓地のことです。
宗教法人が管理・運営していても宗教や宗派を問わずに「霊園」として販売しているものを一般的に「民営霊園」と呼んでいます。

民営という言葉から想像すると、誰でも民営霊園を作れそうなイメージを受けますが、墓地の新設や管理・運営には許可が必要なため、民営とは言っても一般の企業などではなく許可を受けた法人が管理・運営しています。

ではそんな「民営霊園」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

<メリット>

■宗教・宗派を問われないこと
寺院などの特定の宗教法人が管理・運営していても、「○○霊園」として宗教や宗派を問わずに販売していることが多くあります。

■申し込みの資格制限が少ないこと(もしくはないこと)
民営霊園では公営霊園のデメリットで挙げた資格制限がないことがほとんどです。
例えば「遺骨が手元にあること」、「その自治体に現住所があること」などの条件がないことが多いです。

生前に自分のお墓を建てたいと思う方には大きなメリットになります。

■区画や墓石のデザインの選択肢が多いこと
民営霊園は広い土地を開発していることが多いので、墓地の面積や霊園内での場所を選べることが多くあります。
(もちろん時期やその霊園の人気度にもよりますが)

また墓石のデザインも自由なので、いわゆるデザイン墓という墓石を建てたい方には良いのではないでしょうか。

■法要施設や駐車場、休憩室などの設備が充実していること
墓地近接の法要施設を利用できたり、お参りの際に使える休憩所があったりします。
また、墓地の通路が広かったり、霊園内の段差が少なかったりとバリアフリーの観点を重視している霊園もあります。

<デメリット>

■指定石材店制度があること(石材店を選べないこと)
お墓を購入やその後のメンテナンスなどを決められた石材店でしなければならない制度のことです。

お墓は建てた後も長く守っていくものなので、石材店とも長く付き合うことになります。
民営霊園の場合は墓地の善し悪しだけでなく、石材店の善し悪しも同時に見極める必要があります。

また、大規模に開発をして売り出すことが多いので、時期によっては下請けの業者や職人を使う場合があります。
下請けの場合にはお墓一基建てると○○円という形で発注することが多いので、質よりも数に重きが置かれてしまうことが多くあります。

下請け自体が悪いわけではありませんが、元請けの石材店側がそれをきちんと管理できる体制が整っているか確認する必要があります。


■永代使用料や管理費などが比較的高いこと
公営霊園と比べて割高であることが多いです。
メリットに挙げた、施設の充実にお金を払っていると割り切れればデメリットには感じないかもしれません。


■立地が良くない場合が多いこと
全ての民営霊園にあてはまるわけではありませんが、車がないと行きづらいところが多くあります。

特に都市近郊では、広い土地を開発して霊園を造りますので、どうしても地代が安い郊外になります。
駅や中心部から遠くなるので、バスなどの交通機関があればよいですが、そうでないとお参りが大変になる可能性があります。

また、広い霊園の場合は駐車場から自分の家のお墓までが遠いなんてこともあります。

今は遠くまで車で行ったり、霊園内を歩くのが苦にならなくても、20年後30年後はどうなるかわかりません。
その時にお参りに行きたくても行けないというのは非常に残念なことだと思います。

前々回からの繰り返しにはなりますが、この点は今現在の状況だけで考えるのではなく、20年後30年後のことも想像して決めないといけません。

■宗教・宗派を問われないこと
■区画や墓石のデザインの選択肢が多いこと
メリットにも挙げましたが、一方で宗教・宗派が問われないために隣近所のお墓との調和といった面ではデメリットにもなる可能性があります。

公営霊園以上にお墓のデザインが多様なので、自分の家のお墓を建てた後で近くに派手なデザイン墓が並んでしまって、自分のお墓だけ逆に(地味すぎて)浮いてしまった、なんてこともあるようです。

また公営霊園同様、自由度が高い一方、寺院墓地のように住職がいないので、宗教行事などのことについて気軽に相談できない点もデメリットにもなります。



以上、「どんな墓地」というテーマの二つ目の選択肢として民営霊園のメリット・デメリットをご説明しました。

次回は③寺院墓地のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

東京都足立区・埼玉県草加市でお墓のことなら
      親身な対応・丁寧な施工の石材店
篠原石材工業有限会社 http://shinoharasekizai.com/

三代目 「匠のブログ」も更新中です!
         http://shinoharasekizai.com/blog/

この記事を書いたプロ

篠原雅之

世代を超えて長く付き合える、いつでも相談できる石材店

篠原雅之(篠原石材工業有限会社)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

篠原雅之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-928-6652

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

篠原雅之

篠原石材工業有限会社

担当篠原雅之(しのはらまさゆき)

地図・アクセス

篠原雅之プロのコンテンツ