まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
太田樹男

海のバリアフリーを実現するダイビングコーディネーター

太田樹男(おおたみきお)

有限会社エスイーエー

お電話での
お問い合わせ
0120-006-345

太田樹男プロのご紹介

性別、年齢、ハンディキャップ…すべてを超え、 誰もが一緒に潜れるダイビングライフを全力でサポート(1/3)

太田樹男 おおたみきお

海のバリアフリーを目指して!「ハンディキャンプダイビング」の普及に尽力

 「きれいな海を見たら、いいなと思う。でも、1人では感動はしない。それは、僕にとっては、他人の喜びが自分の喜びや感動になるから。これまでできなかった何かを、僕が手助けすることで実現できて、それで喜んでくれたら、僕は喜びや感動が得られるんです」と話すのは、ダイブサポートセンター・シーメイド代表 太田樹男さん。ダイビング指導員歴29年、スクールを経営して25年、常に真摯な思いを持ち、多くのダイバーと向き合ってきました。

 その結果、世界で最も信頼されるダイビング指導団体として広く認められているNAUIから8年連続で表彰を受けるという快挙を達成。埼玉県内で唯一、インストラクターを養成できる「NAUIインストラクタートレーニングセンター」にも認定されました。また、潜水捜索救難協会の代表として、水難捜索、水中撮影、海洋調査などにも貢献しています。

 太田さんはハンディキャップダイビングの第一人者としても知られています。創業時から普及活動を行ってきました。現在では、知識、実績ともに日本TOPのレベルを誇り、これまでに700名以上のハンディキャップダイバーを送り出してきました。

 「障害者スポーツと呼ばれるものの多くは、障害者と健常者が同じ空間で一緒に楽しむことができません。でもダイビングは、同じ時間に同じポイントに潜って、同じだけ喜びが得られる数少ない遊びです。だから、ここからは健常者、ここからは障害者という枠をすべてとっぱらって、一緒に潜れるプログラムをつくり上げました。ハンディキャップダイビングと名前はつけているけど、みんなのものなんです」

太田樹男プロのその他のコンテンツ

Share