まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
太田樹男

海のバリアフリーを実現するダイビングコーディネーター

太田樹男(おおたみきお)

有限会社エスイーエー

お電話での
お問い合わせ
0120-006-345

コラム

当日雨でもスキューバーダイビングは可能?

スキューバーダイビングは雨の日でもできるの?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。スキューバーダイビングは海の中を潜りますので、基本的には雨の影響を受けません。

そのため、雨の場合でもダイビングをはじめることができます。多くのレジャーでは雨が降ると開始できないものですが、その点は嬉しいことですね。


雨が降ってスキューバーダイビングができない場合

どんな雨が降っていても、ダイビングができるかと言うとそうではありません。雨の状況によっては、当日のダイビングを中止する必要が出てきてしまいます。

主に雨が降る時にダイビングが中止となる原因は「波」や「うねり」によるものとなります。雨の日には波が高くなる可能性が高く、高波の場合だとビーチダイビングではエントリーとイグジットが困難になります。

またボートダイビングの場合は、ダイビングポイントまで移動ができずに中止となる可能性があります。

雨が降っている時のダイビングへの影響

では、実際に雨が降っている時にダイビングをする時には何か影響はあるものでしょうか。

雨が降っている時、もしダイビングポイントの近くに川がある場合、雨によって流された濁流によって海の透明度が下がる可能性があります。波のうねりが高い場合にも、海底の砂が舞い上がり、こちらも透明度が下がる場合があります。

また、雨の日は太陽の光が遮られてしまうため、気温が下がる場合もあります。水に入る前は問題ありませんが、水から上がった後は体温が下がりやすくなるので注意が必要です。

その他、雨の日は滑りやすくなっているため、船の中はもちろん、岩の上などを歩く際にも転ばないように十分注意するようにしましょう。

雨が降った時のダイビングにあれば便利なもの

前述のように、雨が降った時のダイビングには少なからずの影響がありますので、持っておくと良いものを紹介します。

海の透明度がいつもより下がりそうな場所では、水中の景色を楽しむためにも水中ライトがあれば良いでしょう。インストラクターやバディを確認するのにも役に立ちます。

また、海から上がった後は体が乾きにくく、夏の時期でも寒くなってしまう場合があります。そのため、いつもよりタオルを多く持ち、ウインドブレーカーなどを用意しておくと体温の低下を防止してくれます。

基本的に雨の日のダイビングは可能で、水中から見る水面の雨模様など新しい発見があるのも雨の日ならではのものです。その日の天候をしっかりと確認しつつ、いつもと違った海の世界を楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたプロ

太田樹男

太田樹男(おおたみきお)

太田樹男プロのその他のコンテンツ

Share