まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
太田樹男

海のバリアフリーを実現するダイビングコーディネーター

太田樹男(おおたみきお)

有限会社エスイーエー

お電話での
お問い合わせ
0120-006-345

コラム

耳抜きができない人へ!耳抜きの方法やコツをご紹介

スキューバーダイビングでは必須の耳抜き。海の中に潜っていく際に、耳に違和感が出てきたら耳抜きを行いますが、どうも苦手だと感じる人も多いのではないでしょうか。

はじめは苦手でも、何度かやるうちに慣れていきますので、あまり心配する必要はありません。耳抜きの方法やちょっとしたコツなどを再確認して、今後のダイビングにぜひ役立ててみてください。

耳抜きってそもそも何なの?耳抜きの方法は?

ダイビングに限らず、高層ビルのエレベーターや飛行機に乗る時など、急に耳に違和感を覚えて痛くなる時がありますよね。これは気圧や水圧によって鼓膜が凹んでしまった結果によるもので、この耳に出てきた違和感を取り除くのが「耳抜き」です。

耳抜きの方法には鼻をつまみ、鼻をかむようなイメージで鼻から空気を中耳の方へ入れていくやり方と、あごを動かす方法、つばを飲み込む方法とあります。

これ以外にも方法がありますが、これらを組み合わせるなどして、うまく耳抜きを行っていくと良いでしょう。


耳抜きがうまくできない人のための耳抜きのコツ

もし耳抜きがうまくできない場合は、次に紹介する方法を実践してみてください。

一つはダイビング前に飴やガムなどを噛むことです。そうすればあごが動き、かつ唾液も出るため、耳抜きがやりやすくなります。また、潜る前に一度耳抜きをやっておきましょう。そうすることで耳菅の通りが良くなります。

耳抜きのタイミングは「違和感があった時」です。痛くなってからでは遅いため、早めに耳抜きを実施するようにしてください。

耳抜きの間隔は水深10mぐらいになるまでは、1mごとにするようにしましょう。これは、水深が浅い方が、水圧差が大きくなるためです。片方の耳だけ耳抜きができない場合は、違和感が残る耳の方を上にすると抜けやすくなります。

その他、鼻をつまんで耳抜きをする際には、力強くやらないよう注意しましょうね。

耳抜きができない時の対処方法

もしそれでも耳抜きができない場合は、焦らず、無理に潜らないようにしてください。インストラクターにもきちんと耳抜きができていないことをジェスチャーすれば問題ありません。一度少し浮上し、再度耳抜きをすることで、抜けやすくなります。

また、耳抜きは風邪やアレルギー性鼻炎、花粉症などでも抜けにくくなりますし、寝不足や疲れなどにも影響をしてしまいます。そのため、ダイビング前日にはしっかり休息を取って、万全の体調で臨むことも忘れないでください。

この記事を書いたプロ

太田樹男

太田樹男(おおたみきお)

太田樹男プロのその他のコンテンツ

Share