まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
太田樹男

海のバリアフリーを実現するダイビングコーディネーター

太田樹男(おおたみきお)

有限会社エスイーエー

お電話での
お問い合わせ
0120-006-345

コラム

スキューバーダイビングの用品はレンタルか購入か?

スキューバーダイビングでは、さまざまなダイビング用品を使用して海に入ります。そして、ダイビング用品を揃えるためには、レンタルか購入かを考えていく必要があります。レンタルと購入のどちらにも、メリットデメリットがありますので、自身のダイビング経験と予算をうまく考慮して選択していきましょう。

スキューバーダイビング用品を購入する場合の費用

スキューバーダイビングを行うためには、さまざまな道具が必要です。それを全て購入しようとすると、ある程度のお金が必要となることは覚悟しなければなりません。

一般的な道具をご紹介しますと、軽器具では「マスク」6000~8000円ほど、「スノーケル」2000~4000円ほど、「ブーツ」5000~7000円ほど、「フィン」は7000円前後します。

重器具では「レギュレーターセット(レギュレーター、セフティ2nd、ゲージ)」で10万~14万円ほど、「BCD」4~10万円ほど、「ダイビングコンピューター」で3万~10万円ほどします。
「ウェットスーツ」は5万~7万5千円、「ドライスーツ」では10万円以上必要です。

スキューバーダイビング用品をレンタルする場合の費用

では、ダイビング用品をレンタルする場合の費用を見ていきましょう。レンタルの場合は、ショップによってレンタルセットのような形で料金が設定されている場合もあります。

そのため、若干費用が変動する可能性はありますが、「軽器材セット((マスク、スノーケル、フィン、ブーツ)」で大体1日1000~4000円ほどであるようです。

「重器材セット(レギュレーター、オクトパス、ゲージ、BCD)」では1日4000円前後、「ダイビングコンピューター」は1日1500円になります。「ウェットスーツ」は1日2000円~、「ドライスーツ」は1日5000円以上かかります。

スキューバーダイビング用品は購入?それともレンタルが良い?

スキューバーダイビング用品を購入する場合、一番のメリットはやはり「自分に合ったものを使用できる」という点だと思います。海の中で使用するものは、なるべく使い慣れたものの方が違和感なく快適にダイビングできるでしょう。

しかし全て揃えようとすると数十万円かかり、また毎年の維持費や、ダイビングポイントまでの運送費なども発生することは考慮する必要があります。また、せっかく購入しても自分に合ったものでない可能性もあります。

そのため、まずはじめてダイビングに挑戦する人はレンタルにし、ダイビングの魅力にはまりつつあると実感できた段階で、徐々に自分の気に入ったものを予算に応じて購入していけば良いでしょう。

この記事を書いたプロ

太田樹男

太田樹男(おおたみきお)

太田樹男プロのその他のコンテンツ

Share