マイベストプロ埼玉
清水竜志

大人のひきこもりを解決するひきこもり支援相談士

清水竜志(しみずりゅうじ)

株式会社SEALS

コラム

東京のひきこもりを解決したいっ☆

2019年5月14日

テーマ:都会の孤独

SEALS
こんにちわっ☆
ひきこもり支援相談士の清水竜志ですっ☆

さて、私の提供するひきこもり支援サービスの商圏は埼玉と東京です。
なぜかと言うと、私が住んでいる場所が埼玉だと言う事と、人口が多いという点が挙げられます。
人口が多い場所にはおのずと仕事も集まります。
だから私は埼玉と東京を商圏にしています。

また、人口の多い場所には、割合に応じてひきこもりの人口も多くなる傾向があります。
それはなぜか?
その答えは、都会では、優秀でない人は「労働現場から排除される割合」が高くなるのです。
どうゆう事かと言うと、都会では人口密度が高いため、競争原理が強く働いて、優秀な人材しか歓迎されないのです。

田舎では人口が少ないですし、都会ほど各種サービスが整っていません。
ですから「お互い様精神で」皆が助けあわないと生活や人生が成り立たないのです。
その田舎特有の人口が少ないための「強制力」と言うか「制約」があるために、皆が「顔見知り」で助け合って生きているのです。

都会では、そうゆう「近所付き合いみたいなもの」は「面倒くさい」と思い、人間の活動全般がお金が中心に回るようになっています。
何かに困っても、近所を頼るのではなく、お金で解決するサービスを探したりします。
便利と言えば便利ですが、お金が稼げなくなると、「急に生きづらくなるというデメリット」も同時に生じます。
私はどちらかと言うと、面倒くさい「昔ながらのしきたり・慣習」みたいなものを我慢して受け入れたとしても、開かれた田舎のメリットの方に魅力を感じます。

ひきこもりは都会に多いのです。
先ほどもお伝えしましたが、労働現場から排除される割合が高い、つまり、競争力がある人でなければ、都会では生計を営めない、という事でもあると思うのです。

だから私は、東京のひきこもり問題の解決こそが、未来への答えではないかと考えています。
東京でひきこもりの問題を解決できる技量が整ったら、どの地方へ行っても、そのメソッドは通用すると思います。

この記事を書いたプロ

清水竜志

大人のひきこもりを解決するひきこもり支援相談士

清水竜志(株式会社SEALS)

Share

清水竜志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-6103-6434

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水竜志

株式会社SEALS

担当清水竜志(しみずりゅうじ)

地図・アクセス

清水竜志プロのコンテンツ