まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
三上康一

ロードサイド店舗の儲かる仕組みを構築する専門コンサルタント

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

お電話での
お問い合わせ
048-700-4333

コラム

車両を円滑に自店へ誘導するロードサイド店舗の看板広告

新規顧客の増加策

2018年7月9日 / 2018年9月22日更新

車両を円滑に駐車場へ誘導するロードサイド店舗の看板広告

右折入店による後続車の渋滞

 片側2車線以上で中央分離帯にガードレールのない幹線道路に立地するロードサイド店舗へ、反対車線から右折して入店しようとする車両を見かけることがあります。
 この場合、幹線道路ですから交通の流れが速く、対向車線を走る車両がなかなか途切れないため、右折入店が困難な場合が多いわけですが、後続車両も簡単には車線変更できず、渋滞が発生し、クラクションが鳴らされることもあります。

 この場合、右折入店しようとする車両も、渋滞に巻き込まれた車両も、クラクションを鳴らす車両もハッピーな状況とは言えません。右折待ち車両の後続車両は、まず、その右折待ち車両に憤りを感じますが、次には右折先のロードサイド店舗に憤りを感じるでしょう。

 事実、右折待ちの車両を迎え入れようとしたロードサイド店舗のスタッフに、すさまじい剣幕で怒りを露わにしていた後続のドライバーを見たことがあります。「この店舗のせいで、要らぬ渋滞に巻き込まれてしまった」と批判され、店舗の評判を落とし、客離れを促進させることはロードサイド店舗として、本意ではないはずです。

看板広告のメリット

 ロードサイド店舗が掲げる看板広告の大きなメリットとしては、入店を促し、売上を拡大できる、というものがあると思います。

 これは、健康体の方が、トレーニングジムに行く場合に、今よりも健康になれる、格好良くなれるといったメリットと似ています。反面、今よりも不健康にならない、不格好にならないというリスクを回避するメリットもあるはずです。

 看板広告も同様で、リスク回避が可能であるというメリットにも着目する必要があります。

右折して入店しようとする顧客心理

 あるロードサイド店舗では、店頭の右折車両が見やすい位置に「右折入店はご遠慮ください。次の信号をUターンして左折入店をお願いします」と大きな看板広告を掲示しています。
 右折して入店しようとする顧客は、次の信号まで行ってUターンすることが面倒だから右折入店しようとするのではなく、どうすれば左折入店ができるのか分からないので、仕方なく右折入店するケースも多いはずです。

 よって、このような看板広告は、右折入店しようとする顧客に親切であるだけでなく、後続車にも親切であるわけで、後続車の渋滞による自店への批判も避けることが可能となります。さらに、その気配りが、新規顧客の来店を促進させ、売上拡大に繋がる可能性も高まります。

 「右折入店をするもしないも顧客の都合」とするのではなく、いかに顧客が気持ちよく入店できるか、といった視点も儲かるロードサイド店舗として持っておきたいものです。

 さて、貴店では、顧客が気持ちよく入店できるためにどのような工夫をしていますか?

【新規顧客の来店促進に関する参考記事】
忙しいロードサイド店舗が最悪な電話対応をしないための方法
宣伝を強化したい店舗のための新規顧客獲得策
来客数が少ない店舗のための入りやすい店舗にする方法
お金をかけずに広告宣伝をするために
儲かる店の特徴

当社コンサルティングをご利用される方はこんな方

・ネット通販や大型店に顧客が流出している店舗を経営する方
・駐車場があり、顧客の多くが車で来店される店舗を経営する方
・立地だけに頼らず売上を向上させたい店舗を経営する方
メールでのお問い合わせはこちらから。

公式ホームページ

株式会社ロードサイド経営研究所
立地だけに頼らない儲かるロードサイド店舗を作るお手伝いをします。

お客様の声一覧

お客様の声一覧

サービス内容と料金

サービス内容と料金

この記事を書いたプロ

三上康一

三上康一(みかみこういち)

三上康一プロのその他のコンテンツ

Share

三上康一のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-22
facebook
Facebook

三上康一プロのその他のコンテンツ