まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
三上康一

ロードサイド店舗の儲かる仕組みを構築する専門コンサルタント

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

お電話での
お問い合わせ
048-700-4333

コラム

来客数が少ない店舗のための入りやすい店舗にする方法

新規顧客の増加策

2018年6月21日 / 2018年9月21日更新

入りにくい店の特徴

 ロードサイド店舗のように道路に面している店舗は、当然のことながら、前面道路を通行してきた顧客が入店します。
 ですから、顧客は前面道路を通行中に、予めその店舗の存在を認識できていなければ入店しにくくなります。店舗正面に来てはじめて店舗の存在を認識するようでは、入店しにくいわけです。
 顧客が車で来店するロードサイド店舗であれば、より遠くから認識できるようになっていないと突然、視界に店舗が現れても、入店することはできません。
 では、どのようにして前面道路を通行する顧客に、店舗の存在を認識してもらえばよいのでしょうか。

店舗の看板で入りやすくする

 例えば、下の八百屋さんですが、店舗の正面に来る前に「やおや」であることが分かります(一部画像に処理を加えています)。
店舗の看板で入りやすくする1
 これは、前面道路を通る顧客に予め、「やおや」であることを訴求していますから、店舗の正面に来る前に「やおや」の存在を認識します。
店舗の看板で入りやすくする2
 そして正面に来て店構えや品ぞろえを認識し、入店しようかどうか、最終決定をするわけです(一部画像に処理を加えています)。
店舗の看板で入りやすくする3
 このように、通行客に対して相対する位置で店舗の存在を訴求することが大前提となります。どんなに素晴らしい接客、品ぞろえをしていても、店舗の存在が分からない、店舗に入りにくい、ということであれば、入店は望みにくく、売上も停滞する可能性が高いのです。
 袖看板が必要な理由はここにあります。

顧客の購買心理

 顧客は、以下の8つの過程を経て購買し、店を後にするとされています。
 1.注目
 2.興味
 3.連想
 4.欲望
 5.比較
 6.信頼(確信)
 7.行動
 8.満足

 袖看板のない店舗、あっても目立たない店舗は、「1.注目」の段階で失敗しています。また、袖看板が汚れていたり、破損していたりするケースも見受けられます。

 看板は費用がかかるため、店頭のポスターや店内のPOPで販売促進を行おうとする事業者が多い印象がありますが、前提である「1.注目」を外していては、その後の過程をいかに充実させようとしても効果は望みにくいことを認識しておく必要があります。

 なお、そのような看板類に使える補助金として小規模事業者持続化補助金があります。直近では5月18日に締め切りを迎えましたが、次回の公募に向けて予め準備しておいてもよいでしょう。以下のコラムを参考にして下さい。
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには①
 お金をかけずに広告宣伝をするために

公式ホームページ

株式会社ロードサイド経営研究所
立地だけに頼らない儲かるロードサイド店舗を作るお手伝いをします。

お客様の声一覧

お客様の声一覧

サービス内容と料金

サービス内容と料金

この記事を書いたプロ

三上康一

三上康一(みかみこういち)

三上康一プロのその他のコンテンツ

Share

三上康一のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

三上康一プロのその他のコンテンツ