まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

洗脳

もも花のAloha

2018年7月6日 / 2018年7月7日更新

優雅・綺麗・品。女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

私が『個』を大切にする理由


オウム真理教教祖、麻原彰晃及び7名の死刑執行が行われたニュースを見ていて、
宗教による洗脳、服従、盲目的な崇拝等、改めて恐ろしさを覚えました。

洗脳は徐々に行われるケースが非常に多い。
だからとても怖い。
自分では気付かぬうちに思考回路が侵食されてゆく。
気がついた時には後戻り出来ない状態まで追い詰められ、
負のループから逃れられない。

しかし“洗脳されきってしまえば”常に指示、命令を受入れ、
自分で判断する煩わしさから逃れられ、楽になるのだろう。
そして、疑問すら感じなくなる。


何故なら、全てを『正当化』するのだから…



カラス(撮影:黒木滿生)



フラは宗教と良く似ている。


これは多くの方が感じている。それは否定出来ない事実。

クムを教祖のように崇め神格化したり、
フラ教室を辞められなかったり(宗教で例えると脱会出来ない状態)、
インストラクターになっても教える機会を与えられなかったり、
家庭を犠牲にして大先生に仕えたり、
etc etc…


私はそうなりたくない。
だから、既存のフラ教室の在り方と常に一線を置いている。

これは“ももふら”を名乗る以前、水面下で活動を始めた当初から、
今日まで変わる事のない揺るがぬ私の理念、方向性、姿勢、在り方。

1代目弟子卒業生に関して申せば、
本来習得すべき曲数を満たさないうちに、さっさと卒業を云い渡し独立させた。
その理由は、彼女達の実力:踊り、経営、人材育成能力等を正当に評価したから。


人の可能性を摘むような事はしてはいけない。


過去の私の取材記事をお読みになられた方はご存知でしょう。


“私のレッスンはセッション”


便宜上、先生ー生徒ではありますが、受講生は常に能動的であれ。
私は主従関係は頑固拒否する。

故に、規約でもしっかり謳っているのである。
【当方による指導辞退及び継続終了について】
指導者でこのような項目を設けてあるのは私だけでしょう。
断言出来ます。


2012年執筆コラム【フラダンス あなたは生徒の成長を喜べますか】

フラ教室の人間関係がドロドロする理由

フラダンス。世襲…血縁を大切にするのは正当 / 個の尊重を望むのなら個である人のもとへ

ももふらがお揃いの衣装を強制着用しない理由


同じ髪型をさせ、
同じ服を着用させる。


この状態だけで『脳』は、指導者の指示や命令を聞き、従おうとするそうです。
そう、、、
自分の意思とは関係なく、
です。
これは脳の特性でもあります。



心理学を学んでいた時、この事実を知った時、
背筋がゾッとした事を今でも鮮明に覚えています。


このゾッとした肌感覚…
私の中で譲る事が出来ません。


だから、ももふらはお揃いはしない。
『個の尊重』、私が最も大切にしている事。


だから、、、、
お揃いを着たい人は、ももふらには合わない。


♡もも花の揺るぎない思い、こちらのコラム後半で綴っております


ミズカンナ(撮影:黒木滿生)

生徒・弟子を手放す事が大切な理由〜子離れの重要性〜


親離れ出来ない子、
子離れ出来ない親、
どちらも問題です。

子離れ出来ない親に関して申し上げると、
犠牲になるのは親ではなく、“子”。

親が子離れ出来ないと、子の人生を奪う結果に繋がります。
また、親自身も不幸を招く結果に繋がる事も…

子離れ出来ない親…
私自身が身を持って経験している事なので、
この重大性はとても強く認識しております。

子離れの重要性については詳しく述べたいところですが、
書き始めると長くなるので、関心をお持ちの方は各自お調べくださいませ。

私は過去に精神福祉を学んでいた経緯もあり、共依存にはとても敏感です。
ですから、それに陥らない為の行動は意識的に取り、実践しております。

そのような心理も働き、私は弟子達を手放しました。
卒業の云い渡しに、彼女達は動揺しておりましたが、
彼女達は十分すぎるほど実力をつけております。
ですから私の意思はそのまま貫きました。


私は彼女達に完璧を求めませんし、
彼女達がどんなに努力しても完璧になる事は生涯無い。


何故なら人間と言うのは不完全な生き物なのだから。


ところで。
フラの場合、先生と離れる時(独立含む)の殆どが“ケンカ別れ”。

歳を重ねた者同士なのに啀み合いをするなんて、、、

『バカみたい』って思いませんか?(笑)
私はとても滑稽に感じます。


ももふらはそのような在り方とは無縁。
弟子達は卒業しても私との繋がりはございますし、
個人的なお付き合いもしています。
また、彼女達が望めば稽古もつけます。


柵、囲い込みのない師弟関係。
ワンランク上のフラ、マネア同様、
ワンランク上の師弟関係、ももふら
此処に有り。




(写真撮影、提供:黒木滿生)


今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。

♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●マネアフラ個人レッスン専門教室『アトリエ・もも』のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share